【ビジネスマナー基本】挨拶

ビジネスマナーの基本である「挨拶」についてご紹介します。

挨拶の基本5つ

ビジネスマナー

1.相手の目を見て挨拶をする

笑顔を忘れずに挨拶しましょう。相手によい印象を与えることができます。

2.心から挨拶をする

毎日のあいさつで人間関係も変化します。挨拶で心を開くことができます。

3.指先を揃えて丁寧にお辞儀をする

正しいお辞儀をマスターしましょう。

4.おじきは何度もせずに1度だけする

挨拶と言葉をわけて、丁寧なお辞儀をしましょう。

5.座っているときは立ち上がって挨拶をする

相手が不快な思いをしないようにしましょう。

時間帯ごとに異なる挨拶

朝の挨拶

報告

1.自分から挨拶する

2.「おはようございます」に一言プラス

「昨日の野球見ました?」「熱いですね」など会話につながるような質問をするといいでしょう。

距離が近づくきっかけにもなります。

退社するときの挨拶

スーツ

1.「お疲れ様でした」、「お先に失礼いたします」と声をかけて帰る

2.忙しそうな人がいたら、声をかけるなど気遣いを忘れずに

「お手伝いできることはありますか」と声をかけるだけでも印象は大きく変わります。

声をかけてもらった方も感謝の気持ちを忘れずに「ありがとうございます」「大丈夫です」と挨拶をしましょう。

なかなか帰ることができない人を置いて楽しそうに帰るのはNGです。

外出先から戻ってきた人への挨拶

1.ねぎらいの挨拶をする

「お疲れ様です」と声をかけましょう。

先輩に「ご苦労さまです」というのはNGです。これは、目下の人に言う言葉です。

2.不在中の報告を忘れずに

不在中にあったことを伝えましょう。

正しいお辞儀の仕方

お辞儀の種類

お辞儀

1.会釈

会釈

15°軽く腰から曲げ、挨拶しましょう。

自分の足元から1.5メートル先に目線を向けましょう。

声を出さないときや軽く挨拶をしたいときに行います。

例)廊下ですれ違うとき

2.敬礼

敬礼

30°足を止めて相手の方を向き、手を揃えてお辞儀をします。

自分の足元から60センチ先に目線を向けましょう。

例)お出迎えのとき

3.最敬礼

最敬礼

45°まで腰を折り、お辞儀をします。一番丁寧なお辞儀です。

自分の足元まで目線を落としましょう。

最も丁寧な礼が必要な場合に行います。

例)感謝の気持ちを伝えるとき、謝罪をするとき

NGなお辞儀

1.首だけでお辞儀をする

腰を折らずに、首だけで挨拶をするのは失礼です。

背筋を伸ばして、腰から折り、手を揃えてお辞儀をしましょう。

2.挨拶とお辞儀を同時にする

挨拶をするタイミングとお辞儀を同時にしてしまうと、声がこもってしまうだけでなく、気持ちも伝わりません。

相手の目を見て挨拶をし、その後お辞儀をしましょう。

このように、言葉と動作を分けることを「分離礼」といいます。

敬礼や最敬礼のときは気を付けましょう。会釈のときは同時でもOKです。