ビジネスマネジメント

あいづち、は相手の話を発展させるための大切な要素となります。しかし、気を付けて使わないと、相手を不愉快にさせたり、誤解を招く場合もあるので、ただ単にあいづちを打てばよい、というものでもありません。本稿では、日ごろ何気なく打っているあいづちについて、その打ち方を改めて考えてみました。

あいづちのポイント

単に何も考えずに相手の話に合わせてあいづちを打っているだけでは、この人何も話を聞いてないな、と思われてしまいます。あいづちを打つ際は、下記の点に気を付けましょう。

①心を込めて
他人の話を聞いてあいづちを打つ際は、単に「へー」等のあいづちだけなく、「まさか」「すごい」等の気持ちの入る言葉とともにあいづちを打ちたいもの。同じあいづちばかりでは、本当に話を聞いているのか?、と話をしている側も不安になります。

②相手の眼を見る
あいづちに限りませんが、人の話をしっかり聞くときは相手の眼を見て聞くこと。相手の眼を見て話を聞いて、更にあいづちを打てば、この人はしっかり話を聞いてくれているな、と相手も感じます。

③相手の感情や話にあったあいづちを打つ
あいづちといえどもTPOが大切。相手の話の内容に合わせて、相手の気持ちを察して、あいづちの打ち方も変えましょう。

④タイミング
あいづちの内容も大切ですが、あいづちのタイミングはそれ以上に大切。何の変哲のないあいづちでもタイミングよく打っていれば、相手には話を聞いてもらっている、と通じます。しかし、どんなにあいづちに心を込めても、タイミングが合ってないと逆効果になる場合もあります。言葉が途切れた際や、会話の間が空いた際に「それでどうしたの?」といったようなあいづちを打てば、相手も次の言葉を発しやすくなります。

あいづちの種類

あいづちには、「同意」の場合だけでなく、各状況に応じたあいづちがあります。下記に4つの状況のあいづちをピックアップしました。

・同意
代表的なあいづち。いつも同じようなうなづきをするだけではなく、時にはジェスチャーを交えると効果的。

・驚き
ケースバイケースとなりますが、話の流れを考えて、相手がどんなリアクションを期待しているか考えた上で、あいづちを打ちましょう。

・疑問
同意とは逆となりますが、首をかしげる等、相手に疑問のサインを送ることで、相手も話の方向性を決めやすくなります。

・次の言葉を引き出す
最初に同意のあいづちを打ち、その後で次の言葉を引き出すようなあいづちを打ちましょう。相手が話をスムーズに進めやすくなります。

まとめ

一言に「あいづち」と言っても、単に同意するあいづちだけでなく、同意・驚き・疑問・次の言葉を引き出す、といった4つのパターンが存在しています。そしてどんなタイミングであいづちを打つかも、非常に重要な要素となります。
単なるあいづちですが、何も考えていない場合は、相手を不愉快にさせてしまう可能性も有しています。よって何となく相手の話を聞いてあいづちを打つのではなく、しっかりと話を聞いて、理解した上であいづちを打つ必要があります。
普段の日常生活でも使っているあいづちですが、これを機会に少し足を止めてあいづちについて振り返ってみませんか。そんなに難しい内容ではありませんが、多少なりとも気にしておくと、今後あいづちを打つ際に、新しい気付きを得ることができますよ。

 

 

 

大人の学びはカスタマイズ可能

ビジネスシーンで英語を使うことが必要になって、熱心に英語学習をしているが増えています。英語を学習するための媒体もツールも世の中に溢れています。安価なものから無料でも質の高い学習をこなしていくことは可能な時代になりました。ビジネスパーソンに必要なことは、自分の吸収しやすい学習方法に落とし込んで継続していくことだと思います。学生時代に比べると、何を使いどう学んでいくかの自由度は格段に上がっているはずです。せっかくの自由度を使って自分なりにカスタマイズして続けられるといいですね。

他人ごとでは身に付きにくい

ビジネスシーンで通用する英語を身に付けるには、目の前にある参考書やテキスト、ウェブ上のコンテンツでは決定的に欠けるものがあります。それは、それらに書かれていることや、聞こえてくる英語が自分のことではないことです。実用のための英語を学んでいても、どこかで学習感を持って吸収していくことになります。これは実際に活用できるときに、活用できると気付くことを難しくするのです。既成されたものの内容の中にある単語やフレーズで、実際に使える!という割合は、程度の差はあっても、案外低いものなのです。そこで、一番自分の活用度が高い方法でのトレーニングをおすすめします。

自分のことを書く

自分のこととは、自分自身のこと、いわゆる自己紹介でも構いません。ニュースや出来事についての自分の考えや、自分の仕事の説明など、とにかく自分に関わることについて書き出します。もちろん始めは日本語でも構いません。この訓練で大切なプロセスとして自分の意見を考えることも含まれているからです。このとき、会話に活かすということを想定し、読み上げ時間が30秒程度になるのが理想です。日本語では200文字程度になります。それを英語に訳していきます。もしこれが、難しいと感じるなら、英会話が難しいと感じるのも無理のないことですよね。会話の場面では、テキストのことを話すのではなく、自分のことを話すはずです。一番自分に必要な単語やフレーズを知らなければ、話せるわけがないのです。ですから、この英訳を書いて、音読して覚えていくことは、自分にとっての一番活用度の高いテキストになるのです。自分のことですから覚えやすく、記憶にも残りやすいのです。

完璧である必要はない

書くというアウトプットになりますが、間違いのない完璧な文章を書きあげようと必死になる必要はありません。ある程度の必要な単語やフレーズをパーツで覚えておくだけでもきっと役に立つはずです。間違いは、実践の中で教えてもらったり、気付いたりしていけばいいのです。このトレーニングの目的は、記憶することだけではありません。記憶の前に自分の思考を絞り出すことも必ず英会話を助けるのです。これが日本人の弱い部分でもあるのです。

自分テキスト活用法

記憶をさらに助けるのがイメージすることです。これも自分のこととなると、自分を登場させてイメージすることがいとも簡単にできてしまいます。音読を録音すれば発音のチェックをしながらヒアリングの練習にもなります。ストップウォッチで計測すれば、集中力を上げることもできるでしょう。200文字程度のものなら、1日1テキスト作成するのもそれほど時間はかからないのではないでしょうか。数日間の集中トレーニングでも効果が期待できます。数が増えれば増えるほど、会話に困る頻度が少なくなるということです。

ビジネス英語の聴く力の大切さ

英語を聞くことに慣れている人がどれだけいるでしょうか。英語を聞くことと相手の話を理解することは違います。ビジネスシーンでの本当の意志疎通をして行くには、聞き取って理解することが不可欠になります。それなしでは、反応することも、返答することもできなくなってしまうからです。ビジネスもコミュニケーションによって成り立ちます。相手の言葉を正確にキャッチして、こちらの意図を返していかなければならないのです。英語の音を聞き取れることは、理解には欠かせないものなのです。

英語の音に慣れるには?

簡単な英語でも英語の現場で聞き取りにくいということがたくさんあります。これは、音が繋がって変化したり、発音されないスペルがあったり、そして、日本人の私たちが音の選択肢として持たない英語音の存在によるものがほとんどです。その言葉が書かれていると、まったく問題なく意味を理解できるということも多いものです。日本人はリスニングが弱い傾向があると言われています。トレーニングを積むことで脳の中に今までになかった「音」を定着させる必要があります。その音に慣れるためには、大量の英語を聞く時間を取っているのになかなか外国人の話す言葉が聞き取れるようにならないという人は、案外多いようです。発音を矯正することが聞き流すよりも効果的とも言われています。なぜ発音の矯正が有効かというと、私たちは発音できない音は聞き取れないからです。

ヒアリング力向上に役立つ練習

リスニングの時間を大量に費やしている人は、一度、発音を確認して整えてみることをおすすめします。いつものリスニングに大きな変化を起こすことに繋がるかもしれません。発音の矯正に役立つ練習法としては、シャドーイングが有効と言われています。音源は、オンライン上の英語学習のサイトやポッドキャストでもたくさん見つけられるでしょう。CDやMP3で用意してみてもいいでしょう。とにかくリピート、リピート、リピートです。音源の内容はナチュラルスピードで、しっかり文章として完結している短い文章が適切です。その意味では、TOEICのリスニングパートは使える学習教材と言えるでしょう。他の英語の資格のリスニングパーツのものでも有効です。まずは、英語の文字を見ずに始めましょう。文字を見てしまうと、聞き取っていないのに聞き取れている気になってしまうからです。何度も聞いて真似してみることを十分に行った後で、英文テキストを確認します。シャドーイングを繰り返しているうちに、だんだんと英語の会話の中での音の傾向を掴めるようになります。自分も同じように発音していくので、発音しない音、繋げる音が「聞こえなくても」感知できるようになるのです。

発音の覚え方と出し方

日本人が英語を話すときの特徴として、下あごをよく使う傾向があるのだそうです。これは日本語の話し方の影響です。日本語は8割以上が母音を中心とする音と言われています。一方、英語はというとまったく違っていて、母音よりも子音の存在が重要視される言語なのだそうです。英語を話すなら、顎よりも、のどや唇で音を出すことに意識を向けてみましょう。きっと英語らしい発音に近づけるはずです。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事