挨拶

話すより、聞くためのイディオム訓練

英語には、たくさんのイディオムがあります。学校で習ったり、学習によって覚えているものもあると思います。ネイティブに対しては、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダなどそれぞれに固有のイディオムを除いては、ほとんど理解されることでしょう。注意が必要なのは非ネイティブの人に対しては、私たちと同じく、知っているか否かが分からないものです。話すより、相手の話すイディオムを理解するために覚えておくと役に立つでしょう。

イディオムの効果的な覚え方

何度も繰り返して覚えるということも大切です。加えて、使えそうな実際のシチュエーションやそのイディオムの意味することを徹底的に想像してビジュアル化しておくことをおすすめします。ネイティブに「こういうことが…イディオム…のこと?」と確認できるとなお自信が持てますね。

ビジネスでも使えるイディオム表現

「neck and neck」…互角である
They were neck and neck.
彼らは互角でした。(互角に戦いました。)

「on the ball」
He is on the ball.
彼は有能な方です。
Be on the ball = when someone understands the situation well.
状況をよく理解する、注意深いというニュアンスを持ち、仕事ができる、早いことも指すようです。

「play it by ear」
Let’s play it by ear.
成り行きに任せましょう。
play it by ear = improvise=即興で行う=流れに任せてみる

「all ears」
I’m all ears.
聞きたくてたまりません。
They were all ears for the news.
彼らは熱心にそのニュースを聞きました。
直訳すると「全部耳!」くらいにダンボになっているという状況です。

「all thumbs」
I am all thumbs.
私は不器用です。
all earsと同じく、指が全部親指だと細かなことはできそうにないですよね。

「on the rope」(窮地、困難な状況)
Those retail stores appear to be on the ropes.
それらの小売店は、窮地にあるようです。

「bear out」(裏付ける)
What he said bears out her innocence.
彼の発言は彼女の無実の裏付けとなります。
These facts will bear out his story.
これらの事実は彼の話の裏付けとなるだろう。

「Elephant in the room」
There is an elephant in the room.
触れてはいけない/触れられない話題があります。
We need to address the elephant in the room.
見て見ぬ振りをしている課題に対処する必要があります。
I noticed somehow that there was the elephant in the room.
みんなが触れようとしない状況があると気が付きました。
Elephant in the corner(片隅にいる象)も同じような意味です。

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
business
口コミ
目次1  SARAスクールとは? 2  勉強時間は? どれくらいの期間で資格の取得や講座の卒業なの?3  資格試験免除、卒業課題の提出による...
business
ビジネス人気
遠方で通夜や告別式に出席できない場合や、香典を辞退している場合には、代わりに故人に花を贈ります。これを供花(きょうか・くげ)と言います。本稿...
business
ビジネス人気
女性の社会進出が加速し、仕事を頑張りたいという女性が増えてきました。 女性には男性のように「ビジネス=スーツ」といった決まり事が少なく、 オ...
同期
ビジネスマネジメント
目次1 企業も社員も意識するべきこと2 研修の価値フェーズ3 現場活用の環境を提供する 企業も社員も意識するべきこと 研修の目的はその場限り...