スーツ

Maybeは多用しない

Maybeは比較的、覚えやすい単語です。「おそらく」「たぶん」という意味で覚えている人は多いと思います。もちろん意味は間違いではありません。日本人の性格、さらに日本語表現の特質によって、日本人はこの「maybe」を多用する傾向にあるそうです。コミュニケーションの中では気を付けて使わなければならないのです。確かに不確実なことを伝えるときに便利です。でもこの「maybe」の持つニュアンスは、日本人が持っている感覚と海外の人たちの持っている感覚が異なることがあるので気を付けて使いましょう。

Maybeは返事にならない

Maybeの不確実性はYESが50%、NOが50%と言われています。したがって、何らかの質問や会話の中の返答として使うときの意思表示になりません。相手はあなたの意志が「YES」なのか「NO」なのか見当がつかないのです。相手にとって解決にならないということです。Maybeを含めた文章で答えてしまうことで、やる気がない、興味がない、自信がない、意見がない、決断できないなどネガティブな印象を抱かせてしまう確率が高くなってしまいます。

直接的な返答を避けるために「Maybe」使うというのは、日本人が勘違いしやすい部分です。柔らかい表現にするために「Maybe」に頼っても、相手は「Maybe」によって、その心遣いを感じ取ることはないでしょう。

I don't knowは多用しない

「分かりません」と言いたいとき、すべてのシーンで「I don't know.」を使ってしまうことは避けたほうが良さそうです。「I don't know.」という英語には、とてもそっけないニュアンスが含まれているからです。意思表示として「考える気がない」「私には関係ない」「知らないし、知る気もない」というような意味を含めることになり、相手に対して失礼な表現でもあるのです。
特にビジネスシーンでは、関係のないセールスコールへの断りのようなシーン以外では、使わないと決めておいてもいいくらいの表現です。特にお客様、目上の人、初対面の人に対しては避けるべきでしょう。

分からないと言いたいとき

ビジネスシーンでは、例えば、会議で意見を求めたれたときとか、顧客との商談などで、考えているけど分からないということはもちろんあるでしょう。使うべき表現はいくつかあります。

見当もつかない、まったく分からないというときには、代わりの表現として適しているのは「I have no idea.」です。そこにプラスして分からない内容を加えてみるとさらに相手に詳細を伝えることができます。「I have no idea what she is talking about.」(彼女の言っていることが分からない)「 I have no idea what to do.」(何をすればいいのか分からない)などです。
また、認識や理解が確実でないという意味を込めて「I'm not sure」も役立ちます。「ちょっと分からないな」というニュアンスを込めることができます。これだとソフトに「分かりません」を伝えることができるでしょう。

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
会議
ビジネス英語
目次1 ビジネスでよく使う単語2 IT関連の用語3 人事で出てくる英語 ビジネスでよく使う単語 コミュニケーション 日本語のカタカナ表記でも...
business
ビジネス人気
新卒の方でもビジネスマンになった瞬間から、その会社の顔になります。会社員としてのマナーや話し方について考えてみたことはありますか。あなたの言...
business
ビジネス人気
 社内会議では「聞く」時、そして「話す」時、いずれも社会人としてのマナーが必要とされます。本稿では社内会議の「聞く」時のマナーについて解説い...
business
ビジネス人気
 ビジネスのシーンでは「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」に属さない、決まり文句とも言うべき慣用表現が存在しています。「尊敬語」他に比べるとは...