会議

中級者の停滞期におすすめ

英語学習には色々な方法がありますが、確実で比較的短期間のうちに効果を時間できるのがシャドーイングです。ただ、本格的なシャドーイングの実践は、ある程度の語彙力があり、英語のスピードにも慣れている中級者以上の人におすすめします。仕事で英語が必要になる人であれば、ある程度の英語力があるはずなので、あと一歩の英語力の伸びがほしいときや、他の学習法で上達が感じられなくなったときは試してみてください。早い人なら1カ月、毎日続けることができて3カ月もすれば、実践の場での自分のスピーキングの力が伸びていることを実感できるでしょう。少々面倒に感じられるかもしれませんが、期待を胸に続けてみましょう。

ビジネスでの英語反応力を高める

ビジネスでは、聞いているだけでも、話続けるだけでもいけません。リアルな言葉のキャッチボールが必要になってきます。即座に相手の言葉に反応できることが理想的です。聞き返してもまったく問題はないのですが、英語力の無さから聞き返す頻度は、ビジネスコミュニケーションをスムーズにするためにも減らしていきたいものですよね。返しを早くするトレーニングとしてもシャドーイングは有効と言われています。また、理解することよりも音を聞き取っていくことに重点を置くトレーニングなので、発音の精度も上がりますし、リスニングの力も上がっていくことに繋がるそうです。他の学習方法に比べて少々難易度の高い手法ではありますが、一石何鳥もの効果が期待できるのです。

シャドーイングの訓練方法初級

シャドーイングが初めての人は、まずは簡単な方法で慣れていきましょう。音声を用意して、英語を聞き、覚えきれるくらいのセンテンスが流れたら、英語音声を止めて、聞こえてきた通りに自分の口で声に出してリピートします。この方法はリピーティングとも呼ばれることがあります。何度も繰り返すことが肝になります。

シャドーイングの簡易トレーニングではありますが、集中力と記憶力については本来のシャドーイングよりも必要と言われています。聞いてから口に出すまで脳に英語を留めておく必要があるので、英語を一定量脳に記憶する力も養われるそうです。そのため、仕事でクライアントの長い話をヒアリングしたり、インタビューなどを聞き取ってからのやり取りが必要となる人にとってはとても有効なトレーニングになるでしょう。聞こえてきた英語の風化を防ぐことができるのです。

シャドーイングの訓練方法上級

シャドーイングに慣れてきたら、本格的なトレーニングに移ってみましょう。聞こえてきた英語を瞬時に追いかけるようにして真似ていきます。聞こえてすぐに発声するので発音の精度を上げることができます。発音に自信のない人は、並行してフォニックス発音を練習するといいでしょう。4技能の上達には、発音は欠かせない要素と言われています。時間差で追いかけて発音することを何度も繰り返し、だんだんとその時間差を縮めて、最後には同時発声ができるようになることが理想です。音に忠実になることを忘れないようにしてください。シャドーイングの最中は文の意味は考えません。別途の時間を使って意味の把握をして理解を深めましょう。

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
business
ビジネス人気
ビジネスでは、上下関係によって座る場所が決まっており、これを席次といいます。目上が座る席を上座、目下が座る席を下座といいます。座る席を間違え...
business
ビジネス人気
結婚式では、呼ばれる側だけでなく呼ぶ側にもマナーがあります。特に会社の人を招待するときには、相手に失礼にならないよう、一層配慮する必要があり...