ビジネスマネジメント

日本語のメモは英語ではNOTE

メモする、書き留めることの表現には、noteが使われることが多いです。
熟語にすると「make a note」もしくは「take a note」で使います。
そのメモを複数表現する場合は「make notes」「take notes」になります。

He is very good at taking notes.
彼はメモを取るのがとても上手です。
I’ll make a note for my co-workers.
同業者のためにメモを残しておきましょう。
Let me note it.
それを記録しておきます。

Memoは社内メールや文書

Memoは、memorandumの略です。その意味には、覚書、備忘録、回覧というものが含まれます。Noteとの区別として、自分だけが何かを覚えておくためのものであればnoteを使いましょう。英英辞書での定義は次のようになっています。note=「a short piece of writing to help you remember something」。memoは誰かとの「公式な」内容の共有のニュアンスがあるようです。英英辞書の中での定義は、memo=「an official note from one person to another in the same organization」となっています。

定番直訳表現のwrite down

write downは、基本表現として覚えているひとも多いと思います。
メモする、書き留めるでは「Down」がその書き残す動作を表現します。
このため他の表現が使われる場合もあります。
「jot down」「take down」「put down」などがあります。

「write down」
Are you ready to write it down?
メモのご用意はよろしいですか?

「jot down」
素早く、手早く、パパッとというニュアンスがあります。電話での会話でもよく出てくる表現です。

Could you jot it down?
それをメモしておいてもらっていいですか?
Please do not forget to jot down what I showed you today.
今日説明したことをメモしておくことを忘れないでくださいね。
I carry a notebook so that I can jot down any ideas.
素早くメモを取れるよう、私はノート1冊を持ち歩く。

「take down」
Let me take down your number.
あなたの番号を書き留めさせてください。

「put down」
He put down his idea on paper.
彼は、自分の考えを書き留めました。

Writeのあとの前置詞

Writeのあとの前置詞を変えることで、書くための用具についての表現ができます。

「Write on」
Do you have something to write on?
何か書くための紙などお持ちですか?
「Write with」
Do you have something to write with?
何か書くものをお持ちですか?

ビジネスマネジメント

おすすめの記事