ビジネスマネジメント

英語でのビジネスに必須の具体性

英語の仕事では、日本のコミュニケーションスタイルでは通用しないことがたくさん出てきます。そのひとつに日本語では曖昧な表現で円滑なコミュニケーションを取っていく傾向があることが挙げられます。曖昧な表現で言葉の鋭さを和らげようとする文化もあります。しかし、英語を使う仕事となると、関わる人たちが多様になってきます。その環境の中で曖昧さをそのまま使っていくと、相手にとって分かりにくいコミュニケーションを取ってしまうことになるのです。仕事の停滞、価値観の違いからくる認識の相違、意思疎通がはっきりしていないことで起こる間違い、摩擦まで起こしてしまう可能性があります。英語でのコミュニケーションの中で、伝えたり、聞いたりするときに、具体性というのは欠かせない要素になるのです。会話の中でも頻繁に使われる「具体的」という意味を表す単語には、いくつかの種類があります。シーンによって使い分けていくことが大切です。

具体的にを表現する英語

specific
Could you be a little more specific?
もう少し具体的にお願いできますか?
(明確に特定してもらえますか?という直訳になります)
※a littleがないとストレートになるので注意しましょう。
※Could you tell me a little more clearly?だと具体的とは意味が異なります。
聞こえない、意味が分からないのではっきりお願いしますと言うニュアンスです。

in detail
Could you tell us about it in more detail?
もう少し詳細をお話しいただけますか?
※前置詞inを忘れないようにしましょう。
大ざっばにではなく具体的にと言う意味が含まれます。

tangible
Could you give us a tangible plan?
具体的な案を出していただけますか?
The plan has to be tangible.
計画は明確なものでなければならない。
※ビジネスでもフォーマルによく使われます。

elaborate
We elaborated on our study plan.
私たちは研究計画を詳しく説明しました。
Could you elaborate?
詳しく話していただけますか?
elaborateには、詳しく説明する、手の込んだという意味合いが含まれます。
動詞なので使い方に注意しましょう。

In particular
In particularは「具体的に言うと」や「特に」という意味が含まれます。
文の前に単体で使うことも文中で使うことも可能です。
I will explain this in particular.
これについて具体的に説明します。
I would like to emphasize this point in particular.
私はこのポイントを特に強調したいです。

具体例を表す英語

example
Can you give me some examples?
いくつか例をいただけますか?

exact
Could you give me the exact figures?
正確な数字をいただけますか?
Could you tell me exactly what you want to know?
何をお知りになりたいか具体的にお伺いできますか?

 

 

 

 

訃報を聞き、葬式や告別式に出席したいがどうしても都合が付けられない場合に弔電を利用します。
そして弔電の送り方にもマナーがあります。

訃報を聞いたらすぐに弔電を打つ

訃報を聞いたらすぐに弔電を打つ、くらいの心づもりでいましょう。
できれば葬式の1日前に届けたいです。しかし、どうしても遅れてしまう場合には、
遅くても式開始の1時間前には届くようにします。
なので、葬儀の開始時間も把握しておきましょう。
法事の場合は早めに手配しましょう。配達の3日前までに申し込みをすると安くなります。
届けるタイミングに関しては葬式と同様1日前までに届くのが望ましいです。

弔電を送る際に知っておくべきこと

弔電は葬儀・葬式の行われる会場宛に届けます。
なので、会場の住所を把握しておく必要があります。
また宛先は喪主になります。
喪主の名前と亡くなった方の名前はフルネームを確認しておきましょう。
どうしても喪主がわからない場合には「〇〇様ご家族様」と亡くなった方の名前を入れて送りましょう。

差出人の書き方

差出人が個人の場合は個人名としますが、
会社として弔電を打つ場合には社長の名前を差出人とします。
何人かで出す場合には、「〇〇年同期一同」というように団体名にしましょう。

文章を考える

・敬称
父→ご尊父様、お父様、お父上様
母→ご母堂様、お母様、お母上様
祖父→ご祖父様
祖母→ご祖母様
夫→ご主人様、ご夫君様
妻→ご令室様、ご令閨様
息子→ご子息様、ご令息様
娘→ご息女様、ご令嬢様
姉、兄→御姉様、御兄様、「◯◯様」
弟、妹→御妹様、御弟様、「◯◯様」
上記敬称を使用します。

・使用してはいけない言葉
重ね重ね、しばしば、またまた、再三、たびたび、重ねて、続いて
重ね言葉や続きを連想させる言葉は、不幸や死を「繰り返す」という意味になるので使用してはいけません。

・弔電の例文
弔電は文字数によって料金が異なります。
文字数の料金+台紙代が電報の料金です。
電話で申し込んだ場合とネットから場合で金額が異なりますが、
ネット・・・25文字まで660円
電話・・・25文字まで700円
で、文字数によって値段が上がっていきます。

書き方としては、
・〇〇様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみを申し上げます。
・〇〇様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
・〇〇様のご逝去を悼み、ご遺族習いに社員の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。
・〇〇様の突然の訃報に接し、弊社一同心より哀悼の意を表します。
個人のご功績を忍び、ご冥福をお祈り申し上げます。
・〇〇様のご逝去を悼み、御新造並びに社員の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。
生前のご厚情に深く感謝するとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。
などから参考に文章を作成するとよいでしょう。

また。台紙や付属品、花などのサービスもあります。
必要かどうかも決めておきましょう。

まとめ

訃報はいつ舞い込んでくるかわかりません。
そしてそれを聞いたときに式まで時間があるとも限りません。
本来であれば式に参加できるのが一番望ましいですが、それが必ずしもできるわけでもありません。
弔電に関しては迅速な対応が必要となりますので、あらかじめ流れについて把握しておき、
いざというときに素早い行動がとれるようにしておきましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事