報告

役に立つの表現は多彩

日本語でのビジネスシーンでも「お役に立てば幸いです」「お役に立てればと思います」などはよく使われるフレーズですが、英語でも表現としては使うシーンがとても多いです。この役に立つを表現する単語や言い回しもたくさんあります。微妙なニュアンスの違いを理解して、使い分けていけるといいでしょう。

usefulとhelpfulの違い

usefulとhelpfulは、英語学習時にも多く出てくるので「役に立つ」の表現として真っ先に思い浮かぶ人は多いと思います。実際にビジネスや日常生活の中で頻発する言葉でもあります。しかし、この2つの単語のニュアンスの違いを理解している人はあまり多くはないようです。もちろんどちらにも「役に立つ」という意味が含まれています。違いを確認しておきましょう。

Usefulの定義は、使う道具が有用や有益と思われる場合に用いられます。このことから、人に対して使うと「道具としての扱い」のようなニュアンスが含まれ、上から目線や皮肉、からかいに受け取られることがあるので注意しましょう。

It was very useful information.
それはとても有益な情報でした。
I hope this is useful.
お役に立てば幸いです。
(用具や情報を提供したようなとき)

Helpfulの定義は、人やモノ、行動が、助けや支援、サポートとして有効、有用と思われる場合に用いられます。

Your advice is very helpful.
あなたのアドバイスはとても役に立ちます。
I'm sorry that I wasn't helpful.
お役に立てずにごめんなさい。
I want to be helpful for people.
私は人々の役に立ちたいです。

Convenientは便利&都合が良い

「convenient」は「便利な」「使いやすい」「都合がよい」という意味で、コンビニエンスストアの使い勝手の便利さを覚えておくといいでしょう。時間や労力が省エネできる、交通の便が良い、使い勝手や時間の都合が良いという場合にも使います。

When will be convenient for you?
いつのご都合がよろしいですか?
※When are you convenient?と言わないように注意します。直訳すると、都合の良いあなたはいつ?というもののような扱いに受け取られてしまいます。
The office is convenient to the station.
そのオフィスは駅に近くて便利です。

役に立つを意味するその他の表現

handy
handyは手軽に使えるという意味で「役に立つ」です。
This map really comes in handy.
この地図は本当に役に立ちます。
※comes in handyは役に立つという熟語です。
Smartphones are so handy.
スマホはとても便利です。

functional
機能性についての便利さを表現するときに使います。
The bag is very functional.
このバッグはとても便利です。

practical
practicalは、成功しそうな、実用的な、実践的なの意味を持ちます。
We need some practical ideas.
私たちには効果的なアイデアが必要です。

effective
effectiveは、効果がある、有効という意味を持ちます。
The lesson was pretty effective to me.
そのレッスンはとても効果的でした。

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
事務
ビジネスマネジメント
目次1 プラス思考2 モチベーション3 イメージトレーニング プラス思考 腹を立ててしまう、落ち込んでしまう、不安になってしまうということは...
ビジネスマネジメント
目次1 ジャックウェルチに学ぶ2 ジャックウェルチの4つのE3 アドラーの4つのE4 自分にとってのリーダー像 ジャックウェルチに学ぶ 世の...
事務
ビジネス人気
目次1 会社や先輩に確認する2 ベーシックが基本3 質の良さを保つ4 職場テイストを見極める 会社や先輩に確認する 新しい会社に知っている人...