オフィス

前置詞のイメージ訓練

簡単な言葉でも、難しい言葉でも前置詞の選び方によって意味が大きく異なったり、ニュアンスが微妙に違ったりしてくるものです。前置詞の意味を学校で習ったようにひとつかふたつ、もしくは覚えた熟語の範囲内でしか使えないのはとてももったいないことです。コアとなるイメージで覚えておくと言い回しがラクで、意味を確実に伝えることができるでしょう。コアイメージを掴めると、こんな表現にも、あんな表現にも使えるんだ!と楽しく表現力を磨いていくことができるでしょう。

英会話で頻出の前置詞のイメージ

「about」のイメージは「周辺」です。
「above」のイメージは「基準点より上」です。
「across」のイメージは「平面を横切る」です。
「against」のイメージは「対象となる対のもの」です。
「along」のイメージは「沿う」です。
「among」のイメージは「抽象的なグループ」です。
「around」のイメージは「一周する動き」「何かを取り囲んでいる状態」です。
「as」のイメージは「天秤にかける」です。
「at」のイメージは「ある一点」です。
「below」のイメージは「基準よりも低いところにある」です。
「by」のイメージは「何かの真横に位置している」「傍ら、近く」です。
「for」のイメージは「目的」「未到着」です。
「from」のイメージは「出発点」「向かっていく」「目的を起点として離れていく」です。
「in」のイメージは「空間の中」です。
「into」のイメージは「立体物の中に入り込む」「対象物がある空間のある一点に入る」です。
「of」のイメージは「あるモノの一部」「対象」です。
「off」のイメージは「離れている」「元々の場所からの分離」です。
「on」のイメージは「面に接触している状態」です。
「onto」のイメージは「着点に接触」です。
「over」のイメージは「覆うもの」「対象物の上空を越え反対側に着地」です。
「through」のイメージは「突き抜ける」「空間や時間を通り抜ける」です。
「to」のイメージは「何かに向かった矢印」「動作がある方向に向かい到達する」です。
「until」のイメージは「変化の一点を目指す」です。
「with」のイメージは「空間の共有」「双方向性」です。
「within」のイメージは「境界の内側」です。
「without」のイメージは「なし」「してない」です。

画像で理解しておくと役立つ

基本的なイメージ(概念)を絵や画像を使って覚えておくと記憶に定着しやすくなると言われています。辞書を引くと載っていることもあります。画像検索で、単語+イメージ、単語+概念、単語+コアイメージというキーワードを使うと探しやすいでしょう。簡単なイメージを自分で書き残して置くのも効果的だと言われています。頻出の前置詞は60個ほどと言われています。

逆の攻略法

たくさんの例文に触れて、まるで日本語の「てにをは」のように吸収していくことも可能だと思います。言葉で良く説明できないけれど、この場合はin、この場合はwithと浮かんでくるのは、概念的にコアとなるイメージを理解しているからなんですね。

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
会議
ビジネス人気
ビジネスシーンでは相手に対してお願い、依頼をするケースが発生します。 その際にそれを相手に伝えるために、メールや手紙を用います。 どのように...
business
ビジネス人気
 有給休暇の取得は、労働者の与えられた権利となっています。しかしいくら権利とは言っても、会社や顧客に迷惑をかけるような形で有給休暇を取得して...
business
ビジネス人気
会社等によって異なりますが、若手が社内会議の準備を担当するケースがあります。役員同席の重要な会議の場合は少ないかもしれませんが、簡単な部内会...