ビジネスマネジメント

超基礎動詞のイメージ訓練

超基礎の英単語は動詞だけなら20単語前後です。これらの単語をひとつだけの意味を当てはめて覚えるのはとてももったいないので、ぜひ単語のイメージで覚えておきましょう。言い回しの幅を各段に増やすことができるでしょう。

動きを表現する動詞

GET
GETのイメージは「無かった状態から何かがある状態になる、所有する、達する」です。
When did you get the news?

GO
GOのイメージは「視点が置かれているところから離れて行く」「その場から離れる」「進行する」「ある所に向かう」です。
The prices went up by 15 %.
I really must go.

COME
COMEの基本イメージは「あるところにやってくる」「向かってくる」「視点のあるところに移動する」です。
How is your report coming?

何かを動かす、変化させる動詞

PUT
PUTのイメージは「あるところに位置させる」「ポンと置く」です。
Put your mind to more important things.

HAVE
HAVEは「何かを自分の空間、範囲に持つ」という感じです。モノや状況が存在するというイメージもあります。
May I have your name, please?

TAKE
TAKEは「掴んで運ぶ」「自分のところに取り入れる」というイメージです。
We took him into the group.

GIVE
GIVEの基本イメージは「与える」「提供する」です。
He gave her a lift in his car.

TURN
TURNの基本イメージは「曲がる」「ひっくり返る」「(まわして)向きや状態を変える」です。
He turned his chair around.

MAKE
MAKEの基本イメージは「何らかの力を加えて変化させる」「(材料に手を加えて)何かを作る」です。
Can we make the airport in 30 minutes?

BRING
BRINGの基本イメージは「ある対象をある場所に移動させる」「何かを仕向ける」です。
What brings you here?

人の感覚を表現する動詞

THINK
THINKは「頭で考える思いや考え」「概念・映像を頭に見えるようにする」という基本イメージを持ちます。
What did you think of his speech?

FEEL
FEELの基本イメージは「感覚を知るために触れる」「触れた感触」「心で感じたこと」です。
I feel cold.

HEAR
HEARの基本イメージは「自然に聞こえてくる」「聞く、聞こえる」です。
She heard her name called.

行動を表現する動詞

TRY
TRYの基本イメージは「試す」「やってみる」です。
Well, I'll try again.

KEEP
KEEPの基本イメージは「自分のところに比較的長い間保つ」です。
I'll keep this for future use.

STAY
STAYの基本イメージは「違う場所や状態に移行せずに留まる」です。
He stayed to see which team would win.

他の人を伴う動詞

SPEAK
SPEAKには「声に出して言葉を話す」という一方的も話すイメージがあります。
Mr. Jones speaks three languages.

TELL
TELLの基本イメージは「相手に内容を伝える」です。
Mr. Jones speaks three languages.

MEET
MEETの基本イメージは「複数の物や人が会う、接する」です。
The company has agreed to meet all our expenses.

TALK
TALKには、双方向で「誰かと話す」イメージがあります。
Have you talked together yet?

REMINDの意味

remindは、(人に)思い出させる、(人に)気づかせるなどの意味があります。
一度、頭や心(MIND)にあったことを再び(RE)発生させることです。

RemindとRememberの違い

Remindは、人やものごとなど外部からの働きかけによって思い出すときに使われます。思い出させるというニュアンスがあります。ふとしたきっかけ(特に自分の行動)で思い出したときはRememberを使うことが多いようです。こちらは思い出すのニュアンスです。

I can't remember his name.
彼の名前を(私は)思い出せません。
Remind me of her name, I can’t remember it!
彼女の名前をリマインドしてください。思い出せません。

思い出したとき

That reminds me.
それで思い出しました。
I was reminded of my promise.
私は約束を思い出しました。
Thanks for reminding me.
思い出させてくれてありがとう。
※リマインドしてくれてありがとう。
Can you remind me later?
後でもう一回リマインドしてもらえますか?

誰かへのリマインドに効くフレーズ

Please be reminded of our holiday for this month.
今月の私共の休業日をお忘れにならないようにお願いします。
Please be reminded ofで、~についてリマインドされる→再度お伝えしますの意味を含みます。1回目の場合は、Please be informedが使われます。

Let me remind you that the meeting will start at 10 a.m tomorrow.
明日、10時にミーティングが始まることを再度お知らせいたします。
リマインドさせてくださいの意味が含まれます。

This is just a reminder that we are having a meeting at noon.
一応お知らせです。今日は12時からミーティングです。
just a reminderで、一応、念のためというニュアンスが含まれます。

This email is to remind you that you have an appointment tomorrow.
明日はアポが入っていることを、念のためお知らせします。
I’m calling to remind you that your payment is due next week.
お支払い期限が来週ですので、確認のためお電話いたしました。

This is a friendly reminder that your interview is scheduled at 2 p.m. tomorrow.
面接は明日の午後2時となっております。確認のためメールいたしました。
reminderという名詞でリマインドさせるものと表現することもできます。
This is a friendly reminder that~で表現を柔らかくすることができます。

 

 

 

 

 

打ち合わせを行うとき、お茶を出したり出されたりすることがあります。
これは相手をもてなす意味で行われる、日本の昔からの習慣です。
昔は女性の仕事でしたが、今では男女平等にお茶を出す可能性があります。
あなたはお茶の出し方のマナーをご存知ですか?
また、お茶をいただくときのマナーをご存知ですか?
突然こう言った場面に遭遇しても大丈夫なように対応をまとめましたので、
ぜひご一読ください。

練習しておきたい、お茶の淹れ方

ペットボトルやインスタントが簡単に手に入れられる時代になり、
自宅でお茶を淹れる機会がかなり減っているでしょう。
しかし、会社もそれで対応できるとは限りませんので、ぜひ練習しておきましょう。

①お茶を注ぐ前に、湯呑を温めるためにお湯を入れます
②急須に新しい茶葉とお湯を入れて1分ほど蒸らす
③湯呑のお湯を捨てて、お茶を7分目まで入れる
④茶托と湯呑は別にしてお盆にのせて運ぶ

茶托と湯呑はお盆にのせる際、必ず人数分を一度に運ぶ必要はありません。
無理のない程度に小分けに運び、無理をしないことも大切です。
必ず布巾を用意し一緒に持っていきます。
運んでいる際にこぼれる可能性があるので、きれいな状態で出します。

失礼のない、お茶の出し方

①ノックし「失礼します」と声をかけて入室する
②サイドテーブル(なかった場合は下座のテーブルの端)にお盆を置き、茶托にのせる
③上座のお客様の左側から出す。(出しにくい場合はこの限りではない)
柄のある場合は、柄が目の前にくるようにする。
また、話し中の際は軽く頭を下げて出す。
④退出時は「失礼します」と言い会釈をして出ます。

お茶を出す順番は、目上のお客様から出すのがマナーです。
しかし、着席していて誰が目上なのかわからない場合は、お客様の上座から出します。
上座は応接間の場合は入り口から一番遠い席、
会議室の場合は入り口から一番遠い机の中央となります。
構造によってどこが上座かわからない場合は、
あらかじめ上司に確認しておくといいでしょう。
お茶菓子を出す場合は、お客様から見てお茶菓子が左、お茶が右になるように置きます。
お客様の座り方によって置き方などが異なりますが、
「〇〇から失礼します」と一声かければ問題はありません。
会話の邪魔にならないように気をつけましょう。

失礼のない、お茶のいただき方

・お茶かコーヒーか聞かれたら…
⇒こちらは自身の希望を言っても大丈夫です。
ただ、複数で来ている場合は種類を統一したほうがいいです。
・お茶を出されたら…
⇒出して方がいなくなったら口をつけます。
温かいうちに一口ずつ飲むようにし、一気に飲みません。
全部飲み干す必要はなく、自分の飲みたい量をいただいてください。
・お茶菓子を出されたら…
⇒お茶菓子はいただくのがマナーです。
必ず「ご馳走様でした」は忘れないようにしてください。

まとめ

お茶出しがメインではないとはいえ、企業を印象づける重要な行為です。
会社の代表として見られているという意識を持ち、
失礼のない出し方をしましょう。
状況によってどうすべきかが大きく異なりますので、
お茶出しの基礎に慣れ、いかなる状況にも臨機応変に対応する力をつけましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事