電話

ビジネスで数字表現は欠かせない

文書なら桁数さえ間違えなければ、正確に伝えることのできる数字でも、実際に電話や会話の中で発音するとなると案外表現を知らないということがあります。一度覚えてしまえば、あとは慣れるだけです。相手の数字表現を理解することにも役立ちますので、ぜひチェックしておきましょう。

基本の数字表現

小数点(Decimal point)
小数点の発音は「ポイント」です。2.5なら「two point five」になります。

分数(Fraction)
分子はtop、分母はbottomと表現されることが多いです。読み方は、2分の1というときは「Half」4分の1は「quarter」という表現があります。その他は、3分の2なら「two-thirds」で、分母は序数表現になります。
序数…Third、Fourth、Fifth、Sixthなどです。
At that time two-thirds of the participants were Greek.

倍数(multiple)
2倍は「twice」と「double」3倍は「triple」や「three times」が使われます。品詞が異なるので、使い方が全く同じでないことに注意しましょう。4倍以上はすべてtimesで表現可能です。
We must triple our efforts.
He earned double salary.

四則計算
足し算は「Addition」で、答えは「Sum」か「Total」で合計を表します。
8plus 2 equals 10.
引き算は「Subtraction」で、答えは「Difference」で差を表します。
8 minus 2 equals 6.
2 subtracted (deducted)from 8 equals six.
掛け算は「Multiplication」で、答えは「Product」で積を表します。
8 times (multiplied by)2 equals 16.
割り算は「Division」で、答えは「Quotient」で商を表します。
8 divided by 2 equals 4.

四捨五入(Round/Round off)
5以上切り上げを「Round up」4以下切り捨てを「Round down」と表現します。3.76 rounded off to one decimal place is 3.8.

単利率と複利率
単利は「Simple interest」複利は「Compound interest」です。単利は初年度の元本に毎年同じ利息が加わるもので、複利は、次の年は元本プラス利息が元本となって計算されます。

ビジネスに必須の数字表現

比率を表す
前年比は「year-on-year」「year-over-year」です。よって、前月比は「month-on-month」になります。
Exports value also fell by 12.4% year on year in April 2011.

黒字と赤字
黒字は「Black ink」、赤字は「Red ink」で表現します。
We are in the black this month.

ベーシス・ポイント(Basis point)
1%の100分の1の0.01%を意味しています。成長率などを表すときに使われることがあります。0.01%であれば「1 Basis point」1%なら「100 Basis point」と言い表します。
ABC yield was 5.40, down 30 basis point.

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
オフィス
ビジネスマネジメント
目次1 ビジネス文書の基本2 お礼状の構成3 頭語・結語4 時候の挨拶5 繁栄をたたえる言いまわし6 感謝の言いまわし7 お礼の文章8 今後...
business
ビジネス人気
親族が亡くなったとき、通夜や告別式の準備で会社を休む必要があります。関係の近さによっては長期の休暇となるため、早めの連絡が欠かせません。本稿...