会議

接尾辞とは?

接尾辞は、単語の語尾についているアルファベットのことを言います。単語の終わりがどのようになっているかによって、単語の意味を知らなくてもあらかたの意味を掴むことが可能です。接尾辞の反映された単語の数は膨大です。そのため、接尾辞の理解によって自分のボキャブラリーを効率的に増やすことに繋がるのです。接尾辞から、名詞、動詞、形容詞の区別もできるようになります。ノンネイティブにとって英語のコミュニケーションの中で聞くときにも読むときにも「こういうことだろうな」という推測する力はとても重要になってきます。難しい単語に出会うようになったなと感じたら、接尾辞の学習を取り入れてみてください。単語を覚えるよりも簡単に記憶に残ります。

代表的な接尾辞の種類

ビジネスシーンでもよく使われる単語の接尾辞を挙げてみましょう。
-age(集合・状態・動作)
shortage、courage、encourage、passage
-ency(~すること・行動、状態、性質)
tendency、dependency、consistency、efficiency
-ics/-logy(学問)
technology、biology、politics、mathematics、economics
-ment(~であること・結果・状態・動作・手段)
shipment、retirement、advertisement、enrollment
-ness(~であること・性質・状態)
business、happiness、calmness、darkness、kindness
-tion(~であること・状態・動作・動作の結果)
attention、elimination、education、description、information
able/ible(できる、可能)
knowledgeable、favorable、available、capable、audible
-ful(性質)
respectful、peaceful、successful、useful、wonderful
-ly(副詞にする)
completely、directly、shortly、highly、improperly
-ize(~にする、~化させる・する、~になる)
actualize、stabilize、organize、finalize、apologize

接尾辞ateについて

接尾辞のateは、行為・行動・動作を「させる」「する」という意味の動詞を作ります。
また名詞を性質を表現して「のある」「…に満ちた」という形容詞表現にすることもできます。

accelerate(加速する)
advocate(主張する、支持する)
aggravate(悪化させる)
alternate(交代する)
anticipate(予測する)
calculate(計算する)
collaborate(協力する)
dictate(口述する)
elaborate(精巧につくる)
emigrate(移住する)
facilitate(促す)
participate(参加する)
vacate(身を引く)
candidate(候補者)

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
同期
ビジネス人気
目次1 ①「お疲れ様です」と「ご苦労様です」2 ②「~になります」3 ③「田中部長ですね」4 ④了解しました5 ⑤「~ほう」という口癖6 ⑥...
会議
ビジネスマネジメント
目次1 部下の成長チャンスを奪わない2 まずい聴き方3 鏡を磨く聴き方 部下の成長チャンスを奪わない 部下が行き詰っている時、悩んでいる時、...
business
ビジネス人気
飲み会の企画や会場の手配などを行う役割を幹事と言います。幹事は目下の者が行うことが多い仕事です。業務を任せられる布石にもなるため、失敗せずに...