オフィス

シンプルさとストレートさ

日本人はストレートに伝えることが不得手なようです。主張や依頼になると多くの場合、クッション的な意味合いを持つ言葉を使うことが良しとされます。日本のコミュニケーションの中では、そのほうが印象がいいのは確かです。しかし、これは英語でのコミュニケーションには当てはまらないことがほとんどです。クッション言葉で前置きをすると、本来伝えるべきことが後になってしまいます。英語という言語自体が、主語とその動きを示す動詞を一番始めに持ってくるというのは皆さんもご存知でしょう。英語を話す場面では、そのマインドが必要なのです。ストレートというよりもそのほうがシンプルになります。あなたが伝えたいことであり、相手が知るべきことを最初に述べることが大切です。日本人にとって「控えめ」と捉えていることが、英語圏の人たちにとっては「自信のなさ」として伝わってしまうことが多いのだそうです。

控えめが裏目に出てしまいがちな表現

以下の文章を読んでみてください。日本語でも使う必要がないとも言えなくもありません。主張を控えめにしようとして伝えることも、相手にネガティブな感情を抱かせてしまう可能性を秘めています。これはお土産や贈り物を渡すときの「つまらないものですが」とよく似ていると言えるでしょう。

You may not be interested, but…
(あなたは興味を持たれないかもしれませんが…)
I know this is off the topic, but …
(話がずれているのはわかっているのですが…)
This is probably only my problem, but …
(おそらく私だけの問題だとは思うのですが…)

相手にネガティブな疑問が発生する

相手は、その奥にある心情ではなく、言葉をそのまま受け取る文化を持っています。つまらないものと思われているものを受け取って喜ぶ人はいないということです。上記でご紹介した例文では「興味がないかもしれないのになぜ私に言うのか」→時間の無駄ではないかと思うかもしれません。「話がずれていると分かっているのに発言するのは失礼だ」→それでも言いたいことが後にくることでイライラを募らせる人がいるかもしれません。「自分だけの問題なら私には関係ないはずだ」→これは興味を持って聞く姿勢を失せさせてしまう可能性があります。

いずれにしても、ポジティブに伝える、大切なことを伝えるということを大きく阻害してしまうことになりがちなのです。せっかく発言する内容への熱意も伝えることはできないでしょう。自分の主張や依頼に関しては、相手のことを思うからこそ、シンプルな表現が必要になるということです。ついつい、日本語を英語に当てはめてしまうと、よく出てしまう表現です。そして自信のない時ほど使ってしまいがちです。

控えめさが必要な時もある

シンプルで分かりやすい表現が必要で、回りくどさがは必要ないのは、自分発信のときと心得ておきましょう。これが相手の主張に対する意見では、きちんと受け止める表現で控えめに反論することが必要になってきます。このバランスは難しいのですが、英語では自分の主張に自信と責任を持つことが求められます。その主張にはプライドも含まれるのです。

持続し続けるためを表すsustainable

sustainableは日本語でカタカナ表現も多く見られるようになってきています。
We've implemented a system to maintain sustainable growth.
持続可能な成長を保つためのシステムを導入しました。
Oil is not a sustainable source of energy.
石油は持続可能なエネルギー資源ではありません。
We need to build a sustainable business model going forward.
今後弊社は、持続可能性の高いビジネスモデルを構築する必要があります。

補足情報を伝えるときにColorが便利

Colorは単純に色としてだけでなく、ビジネスシーンではadditional information、つまり補足的な情報としての表現に使うことができます。芸事などで色艶を付けるの表現に似ているところも感じます。
Could you give more color on your proposal?
あなたの提案に情報を補足していただけませんか
That is the perfect color I needed!
それは私が必要としていた追加情報です。

企業にも人材にも必要なresilience

近年急速に使用頻度が上がっているように思います。resilienceは、立ち直る力、回復力を意味します。転職や企業の業績などに対しても使えそうですね。立ち直る力なので、逆境に耐えきれる力とは少し違います。例えば、自分の感情のコントロールがうまかったり、楽観的でポジティブ、失敗を糧にして立ち直りが早いということを意味しています。まさに世界が求める人や企業の力かもしれません。

The doctors were astounded at his remarkable resilience.
ドクター達も彼の驚異的な回復力にはびっくりしたようです。
We’re looking for resilient people for our tough project.
弊社は大変なプロジェクトのためのレジリエンスの高い人を探しています。

コツや要領はropeで掴む

ropeはロープ、縄という意味がありますが、何かを学んだり習得する際のコツややり方の意味で使うことができます。オフィスでは頻繁に活用できるシーンがあるでしょう。

Learn the ropes(コツを覚える)
It took me one month to learn the ropes
コツを学ぶのに1ヶ月かかりました。

Know the ropes(コツ・やり方を知っている)
You should leave the matter to a person who knows the ropes.
そのことについては詳しく知っている人に任せたほうがいいです。

Show the ropes(コツを教える)
He'll show you the ropes.
彼がコツを教えてくれますよ。

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
報告
ビジネスマネジメント
目次1 新卒社員研修の目的2 新卒社員研修の内容3 新卒社員研修の内容の傾向4 新卒社員研修の期間設定5 新卒社員研修の理想の到達地点 新卒...
事務
ビジネスマネジメント
目次1 時間管理2 自己管理3 財務管理4 コミュニケーション管理 時間管理 時間は、誰もに平等に与えられている貴重な資源です。この時間の大...
スーツ
ビジネスマネジメント
目次1 第一印象は身だしなみで変わる2 髪型の身だしなみチェックポイント3 服装の身だしなみチェックポイント4 靴の身だしなみチェックポイン...