電話

難しい日本語を使わない

ビジネス英語を使おうとすると、日本語でも、いわゆる大人表現を使ってしまう人が多いです。例えば電気を消すだけのことを「消灯」と言ったり、書いたりすることが増えませんか?また、書くだけなのに、筆記としたり、記述としたり。英語を使わなければならない場面でも、その単語を辞書で確認したりするものですよね。確かに知らなかったちょっと難しめの単語に出会うことになるでしょう。その単語を覚えることを否定するわけではありません。専門的な要素を含む文書などを読みこなすには必要なものであることも確かです。しかし、日常会話やビジネスの会話の中で使われるのは、その難しい日本語の前の、単純な日本語に対する英語のほうが圧倒的に多いのです。語彙力がない!と嘆く前に、ぜひ、簡単な単語の表現幅を広げることに力を注いでみてください。まずは、日本語を簡単に分解するところから始めるといいかもしれませんね。

読解→読んで理解する
消火→火を消す
起動→立ち上げる
滞在→泊まる
下車→電車を降りる
拒絶→断る

知らない単語も言い換えてみる

知らない単語は山ほど出会うでしょう。どんなに上級の英語学習者でも知らない単語に出会うことは確実です。初心者であれば、会話の度に言い表せないことにもどかしさを感じることになります。克服するひとつの方法として「一度、日本語で言い換える」があります。例えば、「回避する」という英単語が浮かばなかったとします。辞書を調べると「avoid」「circumvent」「delude」「evade」など状況によって使い分けられる単語が出てきます。

まず「回避する」を簡単な日本語にして「避ける」として英語を考えてみましょう。「keep away from」「stay clear of」という表現もあります。

それでも出てこないときは、違う言葉を探してみましょう。「控える」にできるものかもしれません。「keep off」「逃げる」なら「run away」「escape」を知っているかもしれないのです。「嫌と言う」「~しない」「近づかない」「防ぐ」などが考えられます。そこから英語を絞り出せることもあります。

山ほどのコロケーション

実は簡単な単語を使った言い回しは、海外の現場では多用されているのですが、その種類は膨大です。ひとつひとつを覚えようとすると、難しい単語を覚えるよりも時間が掛かるかもしれません。それでもナチュラルな会話のためにはとても役立つものなので、ぜひ習得しましょう。記憶のコツは、中学校レベルの単語をすべてイメージで覚えることです。これによって、辞書が無くても自分で解釈したり、組み合わせて言葉にすることができるようになります。「have」「make」「come」「get」などの基本動詞の概念を掴みましょう。加えてセットになる前置詞もイメージで捉えておきます。「with」「on」「in」「from」「to」「of」などです。イメージを覚えていくと、今まで言い表せなかった言葉がフッと浮かんでくるようにもなります。今まで使っていた表現に間違いがあることに気付くこともあります。とても効果的な学習法なので試してみてください。

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
打ち合わせ
ビジネス人気
出張当日にどのような点に気をつければよいのでしょうか。いつもと違うフィールドなので、当然普段とは違うことにも気をつけなくてはなりません。遠方...
business
ビジネス人気
歓送迎会や新年会、忘年会など、社内の人間とお酒を飲む機会は多くあります。くだけた雰囲気の飲み会でも、社会人である以上はマナーを意識しなければ...
身だしなみ
ビジネスマネジメント
目次1 スムーズな名刺交換をしよう2 名刺の準備を怠らない3 目上の人から渡す4 先に渡されてしまった場合には5 両手で名刺を交換する6 片...