同期

話の途中で割り込むのはタブー?

日本では話を最後まで聞く、よく聞くことがビジネスシーンでは重要視されます。英語でのビジネスでも話を聞くことはもちろん大切と言われます。しかし、相手との話を真剣にしていればいるほど、相手の話を遮る頻度の高い言語の文化があるようです。話を理解することは聞き手の責任と捉えられているので、話の途中でも確認や質問が乱発してもタブーではないのです。会話への割り込みは必ずしもタブーではなく「伝える」ために必要な要素とも言えるでしょう。

意見がないより割り込むくらいがいい

日本人は聞いているのか、考えているのか分からないとよく言われます。自分が話す状況になっても意見を積極的に述べる印象は少ないようです。相手の話に集中して、自分の思考を回していないとなるくらいなら、割り込んで会話の内容に参加することのほうが、相手に対するマナーと言えるかもしれません。相手の割り込みを無礼と決めつけず文化と捉えておくのも大切なことでしょう。

ストレートとは限らない

反対することと、意見を述べることを明確に分けて考えることがポイントです。英語はストレートな言語という認識がついですが、ビジネスの場面で反対意見を述べるときには、一旦相手の意見を受け入れるというステップは必ず取られるようです。マナーとして覚えておきましょう。例えば、
「I know what you are saying.」「I know how important it is to you.」と一旦は共感を示します。そして「But I don't quite see it that way.」「My view is not exactry same with you.」(私はちょっと違う意見です)と完全否定はしません。

割り込みの小技

ちょっと口を挟む際の言葉が浮かばないなら、「Well・・・」「You know・・・」「Um・・・」
などをゆっくりと言ってみましょう。相手が話を止めてくれる確率が高まります。そこで、自分の意見を控えめに話し出すというのも一策です。

実際に割り込むときの表現

Excuse me, I have something to say.
(ちょっと言いたい事があるのですが)
Excuse me, but may I interrupt?
(ちょっと挟んでもいいですか?)
Excuse me, can I break in?
(ちょっといいですか?)
May I say a few words?
(少しだけ言わせていただいてもいいですか)
Would you mind if I spoke for a minute?
(少し話しても構いませんか?)

相手の言葉に乗っかる

相手の話でフッと浮かんできた関連することなら、「Speaking of…」(…と言えば)という表現で割り込めます。 または、「Which reminds me」「That reminds me」(それで思い出しましたが…)という表現も使えます。

遮りに負けないために!

相手が自分の話に割り込んでくるということは日常茶飯事です。もちろんその中でテンポよくキャッチボールすることが求められるのですが、話してしまい切りたいときの表現を覚えておくと心置きなく話せるです。「Let me finish.」「Please hear me out.」で(最後まで聞いてください)と伝えることができます。

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 会社では、友人と話す時のような、砕けた言葉遣いや話し方は相応しくありません。本稿では会社を始めとするビジネスシーンで求められる、ことばづか...
オフィス
ビジネスマネジメント
目次1 ビジネスメールの基本2 ビジネスメールの流れ3 返信メールのポイント4 読んだらすぐに返信5 こまめに改行する6 箇条書きを上手に使...
business
ビジネス人気
社会人にとって、体調管理は大事な仕事の一つです。しかしいくら体に気をつけていても、具合が悪くなったり、事故にあったりして入院を余儀なくされる...
会議
ビジネス人気
目次1 新入社員研修の定番の中身2 新入社員研修での習得事項3 個性的な新入社員研修 新入社員研修の定番の中身 社会人としての心構え 新卒の...
business
ビジネス人気
手紙やメールで、役職のある方に宛名を書くこともあります。「さあ、たいへんです。」というのも、送る相手が役職のある方なら、その宛名の書き方で迷...
business
ビジネス人気
取引先や上司などとの会食では、言葉遣いだけでなく、飲食の所作にも気をつけなければいけません。和食では、箸の使い方はもちろん、蓋の開け方や皿の...