ビジネスマネジメント

ノルマは英語ではない

営業職には、目標やノルマという数字がつきものです。ノルマがあってもなくても、厳しくても厳しくなくても、日本語ではよく「ノルマ」という言葉を使います。実は、この言葉は英語ではなくロシア語由来の日本語でしかありません。「ノルマ」は、英語コミュニケーションの中では通じないということです。人の名前の発音にも似ていることから、文章としては成り立ってしまうので会話に混乱が生じてしまうこともあるようです。英語で表現したい場合は「quota」という単語を使いましょう。

「quota」… We are always trying to meet the quota.
※「quotation」になると見積もりという単語になります。

出張では注意したい単語

日本人にとって出張などで活用する比較的、安いホテルを「ビジネスホテル」と言いますよね。英語で「business hotel」を使うと、日本語のビジネスホテルとは反対に、ちょっとランクの高いいいホテルをイメージされるようです。飛行機の「business-class」のようなニュアンスになるからでしょう。価格を抑えたホテルという表現をしたいなら「budget hotel」が適しているでしょう。

「budget hotel」…There is a good budget hotel near the station.
※「no-frills hotel」で無駄なサービスのない実用的なという表現も可能です。

ホテルに着いたらチェックインしますよね。チェックインをするカウンターを日本語では「フロント」と言います。フロントだけでは受付の意味を成しません。英語では単語が異なるので注意しましょう。チェックインやチェックアウトを受け付ける場所のことを「Reception」と言います。

「Reception」… Could you tell me where the reception is?
※Receptionには他にもさまざまな意味があるので「Reception desk」だとより正確になります。
その他の意味としては、受信、歓迎、披露宴などもあります。

モーニングという言葉に注意

次の日の仕事に備えて、モーニングコールをホテルに頼んで起こしてもらう人も多いと思います。このモーニングコールも英語ではなく和製英語です。英語では「wake-up call」です。依頼するときに「6時ちょうどに起こしてください」の「ちょうど」を「Just」で表現するのも厳密にいうと間違いです。「at exactly 6 o’clock」や「at 6 o’clock sharp」を使いましょう。さらに、無料の朝食をモーニングサービスというのも日本語です。無料の朝食は「complimentary breakfast」となります。「morning service」を使うと英語圏の場合は「朝の礼拝」のことと受け取られることがあり、きっと話の的を射ない会話になってしまうでしょう。お互いの誤解にも繋がるので注意しましょう。

「wake-up call」… Do you have a wake-up call service ?
「at exactly 6 o’clock」… Could you wake me up at exactly 6 o’clock ?

ビジネスマネジメント

おすすめの記事