ビジネスマネジメント

名刺はいつでも準備

名刺を切らさないようにし、すぐに出せるようにしておくこともマナーのひとつです。必ず、名刺入れを活用し、名刺だけで渡してしまうことのないようにします。名刺入れは、相手から受け取る際のトレーのような役割も果たし、より丁寧な印象を与えます。

名刺交換の基本

名刺交換は、立った姿勢で行います。
名刺交換は、テーブル越しでは行いません。

名刺は目下から渡す

名刺のやり取りには順序があることを知っておきましょう。必ず目下が先に渡すのがルールです。お金をもらったり、お仕事をもらったりという立場も目下に当てはまります。訪問先では必ず自分のほうから先に出すようにします。相手が読める方向にして、胸の高さから相手の手元に弧を描くようにして差し出すと印象が良くなります。目上の人から先にもらってしまうことのないように気を付けましょう。会社名、部署名、氏名をはっきりと伝えながら渡すのが理想です。目上の人から先にいただいてしまった場合は、きちんと受け取りお礼を伝えてから、丁寧に自分の名刺を渡すようにします。

あとに渡す場合

こちら側が、目上、つまり、お客様の立場になる場合は、相手が名刺を渡すというのが本来のマナーとなります。その後に続いて渡すなら、相手から名刺が差し出された位置より、心持ち下の位置から差し出して渡すようにします。細かい点ですが、ビジネスマナーとして知っておくといいでしょう。

名刺を受け取る

名刺は利き手で受け取ったあとに、もう片方の手を添えます。必ず目を通すようにして、読めない名前があれば確認するようにします。指でロゴや文字が隠れてしまわないように指先で受け取ります。受け取ったあとに、すぐに高さを落としたり、テーブルに置くことのないように気を付けましょう。

受け取ったあと

名刺を受け取ったあとは、テーブル席で話が進められるようなときは、商談や面談の話が終わるまで、自分の左手、テーブルの上に置くようにします。すぐに名刺入れにしまってはいけません。また、受け取った相手の目の前で、メモを書き込んだりすることはタブーになるので気を付けましょう。名刺は相手の顔です。決して汚すことのないようにしましょう。

同時交換の場合

大勢の人たちとの交流の場では、同時に差し出すケースも増えます。目下、目上、どちらとも判断がつきにくい場合にもよくあることです。同時の場合は、片手でのやり取りになります。右手で自分の名刺を出し、左手に持った名刺入れの上で相手の名刺を受け取ります。したがって、自分の名刺は、相手の名刺入れの上に乗せる形になるでしょう。

名刺は大切に扱う

名刺は相手の大切な顔でもあります。受け取ったあとの管理は丁寧に行いましょう。管理の際に、メモを残すことは問題ありません。きちんと整理をして管理し、処分の際には情報にも気を配った処理が必要になることを覚えておきましょう。

意外と見られる手元

名刺に汚れや折れなどがないように気を付けることも大切ですが、意外と見られる指先に配慮しましょう。爪が伸びていたり、ネイルが剥げていたりでは、相手の印象を悪くしかねません。細部にまで自信を持って名刺のやり取りができるようにしておくことが大切です。

 

 

 

 

接頭辞とは?

接頭辞は文法用語で、英語ではprefixと呼ばれ、単語の頭につくものです。それぞれに意味を持っているので、その接尾辞の意味を捉えているだけでもなんとなく単語全体の意味を掴むことができます。膨大な量の単語があるので、そのすべてを覚えるよりも効率的に意味を把握していくことができます。ノンネイティブにとって英語のコミュニケーションの中で聞くときにも読むときにも「こういうことだろうな」という推測する力はとても重要になってきます。ボキャブラリーを増やすことにも繋がるので、難しい単語に出会うようになったなと感じたら、接頭辞をまずは理解してみることをおすすめします。

代表的な接頭辞の種類

接頭辞にも200以上の種類があると言われていますが、日常やビジネスでよく出てくる単語についている代表的なものを上げてみましょう。その接頭辞自体の意味を覚えておくととても役に立つでしょう。例文を書き出して意味を追っていくと、共通するものが見えてくるでしょう。

sub-(下に、下位の)
subway、subtitle、subordinate、subconscious
ex-(外側に)
exclusive、existence、extend、export、extract
co-(共に、強意)
collaborate、copy、cohere、compromise、continue
mis-(誤って、悪い)
misdirect、misread、mislead、misunderstand
trans-(向こう側へ、変換)
transmit、transfer、transition、translate、transport
un-(~でない、否定)
unconscious、unfix、unknown、unbelievable、uncertain
re-(後ろへ、再び、反対に)
receive、record、reduction、refer、refuse
con-/com-(一緒に、互いに)
confuse、consistent、condition、compare、company
pro-(前に、前の、前もって、代わりの)
proceed、process、professional、profit、progress
dis-(逆、否定、離れて)
disadvantage、disagree、disappear、disappoint
im-/in-(内側へ、~の上に、〜の方へ、〜でない)
immediate 、imperfect、impatient、informal、inevitable

preの接頭辞について

preという接頭辞には、「事前に、前に、前もって」という意味があります。ビジネスシーン使う単語の中にも頻出する接頭辞です。「時間として前」や「位置として前」を表しています。

predict(予測する)
prepay(前払い)
preview(試しに見る)
prepare(準備する)
precaution(用心する)
preface(序文)
premature(尚早)
precook(下準備)
precise(正確な)
preserve(保護する)
prefix(接頭辞)

ビジネスマネジメント

おすすめの記事