ビジネスマネジメント

無断欠席や、欠席や遅刻が多い、そんな社員を持つこともあるでしょう。
確かに相手のマナー違反であったり、落ち度であったりはそうなのですが、
それを頭ごなしに叱りつけていいものでもありません。
そこには考えに泳ない理由が潜んでいるかもしれないからです。
例えば、精神的に参っていて身体が仕事に出ることを拒絶している、ということも
今のご時世なくはないことです。
また下手な叱り方をすれば、
パワハラだ、言葉の暴力だ、と言われてしまうこともあります。
そんな、出勤のマナーを守れなかった相手に対しての対応方法をまとめましたので、
是非参考にしてみてください。

欠席や遅刻の連絡を受けたその場では詮索しない

連絡を入れてきたときにおそらく相手から理由が言われると思います。
ん?と思ってもまずはそこでは「わかった」と理解を示しましょう。
そして遅刻であれば「気を付けてくるように」と言葉をかけ、
欠席であれば「お大事に」と言葉をかけるようにしましょう。
そして、出社した段階で、
「体調はどう?」「遅刻したのには理由があるのか」などを確認するようにしましょう。
どんな理由があるかわからないので、
遅刻や欠席をした事実を責めるのではなく、なぜそうなったかの理由を問うようにしましょう。

スタンスは「責める」ではなく「教育する」

無断欠席は許されるべきことではありません。しかし、頭ごなしに怒ったところで何にもならないことも事実です。
追求すべきは、相手にそれが二度と起きてはいけないことであるということと、
なぜ起きてはいけないのかを理解させること。
そして再発防止のためにどうするべきかを一緒に考えることです。
相手がもしも新入社員であれば、まだ社会人としての自覚が浅く、
つい学生気分で間違いを犯してしまう可能性もあります。
それを責めてもどうしようもないのです。
「連絡がなければ何があったのかと心配し、自宅まで社員を向かわせなければならないこともある」
「来るか来ないかわからないので、業務の進行に支障が出る」
などをしっかりと理解させ、無断は避けなければならない最悪の事態であることを理解させるのです。

遅刻をよくする人に関しても同様です。
1分2分遅刻をする人は出勤時間に対する意識が低いのです。
その意識改善から行うには、しっかりと向き合って話す必要があります。
「始業と同時に大切なクライアントから入電があったらどうするのか」
「急遽社内で朝のミーティングが行われたらどうするのか」
など、遅刻のリスクを伝える必要があります。

病の可能性がある場合は相談にのる

仕事に行かなきゃいけないのに、出発直前に突然吐き気がおそう。という事例も聞いたことがあります。
それはきちんと信頼関係が築けた上でしか話ができないことです。
まずは理由を聞き、必要があればしかるべき場所に相談することを進めましょう。

まとめ

ビジネスにおいて相手を叱るという行為が功を奏することはありません。
しっかりと対話をし、理解したうえで何が必要かの話ができるのが上司です。
「教育する」という意識をもって対応しましょう。

 

 

 

 

思うの種類は多種多彩

「~と思います」「~と考えます」の言い方にはたくさんの表現があることを知っていますか?ニュアンスの違いを知って使い分けられるようになりましょう。

I suppose~(不確かですが、…ではないかと思います)
I suppose you are right.

I consider~(確信していませんが、自分では~と考えています)
I'm considering taking a job in US.

I would say that~
(根拠や確信はないが、もし私に言わせれば…かもしれない)
I would say that there are some bad points and we should cover them.

I guess that~(ただの推測ですが)[ややカジュアル] I guess George won't be able to come to the meeting.

I assume~ (「もし~なら」という前提条件を伴って思う)
I didn't see your car, so I assumed you'd gone out.

I feel~(そんな気がする、感じる)
I feel he'll succeed.

It seems to me that~(どうも…のように見える)
It seems that the meeting will have to be canceled.

Thinkの多用には注意

日本人は、Thinkを使い過ぎる傾向にあるようです。このデメリットとして、幼稚に伝わってしまう可能性があるということが挙げられます。また日本人が「思います」というときには、断定しない、ぼかして置くという意図があることが多いと思いますが、Thinkで聞いた相手には「根拠のある考え」(確信度合いは高め)として伝わることを覚えておきましょう。その意見に自信がなかったり、何となくそう思えるから口にしたことに対して、相手から、その理由や根拠を問われることが増えるでしょう。ということを意識すると、使えない場面で使ってしまうことを防ぎ、意思疎通の誤解を招いてしまうこともなくなると思います。トーンによっても受け取られ方は異なりますが、「I think you're making a mistake.」を強く言えば「あなたは絶対間違っています」になるのです。

確信があるなら「思う」としない

確信がある場合は、自信を持って遠慮なく伝えましょう。そしてThinkは、この「確信」があるときに使うことが適切のようです。

I'm convinced that~(確信があります)
I'm convinced that we can still avoid a serious problem if we take action now.

I'm sure that this is the best plan.(絶対~でしょう)
これが絶対ベストのプランでしょう。

I think it’s a great idea. (理由や根拠があり確信確率70%以上)
とてもいいアイデアだと思います。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事