ビジネスマネジメント

メールには実例文が役に立つ

自分に届いたネイティブからの英語メールの言い回しを例にして、自分がメール作成をする際に役立てている人は多いかもしれません。例文のストックをしている人もいるでしょう。でもそんなに使えるほどのメールが手元になかったり、フォーマルさの程度や業界特有の表現となるとインターネット上でもなかなかフィットしたものが見つからないこともあります。そんな人には、英語のメルマガに登録してみてはいかがでしょうか。もちろん業界に即した内容のものがベターですよね。実際に、当事者として触れていくと有効な言い回し、不適切な言い回し、避けたほうがいい言い回しの感覚が掴めるようになってきます。

効果的な実例文の整理の仕方

意外にも使えるのがアプリケーションソフト管理です。EXCELでもいいですし、検索機能のあるテキストソフトを英借文専用として活用してもいいでしょう。記録していく項目は4つです。

状況…メール、報告、プレゼンテ―ション、電話など
単語…覚えたい、使いたい単語
解説…日本語訳と単語の解説、追加事項を何でも書き込んでおきます。
例文…できるだけ多くの例文を書いておけると便利です。
例文の数は理想的には500~1000文に触れると二度と忘れることはないでしょう。
ここまでやると、例文を必要としない能力が備わっているレベルかもしれません。
最低でも100文を目指してみてください。習得率アップを保証します。

例文の見つけ方

その単語を辞書で引くと例文が出てくることもありますが、実際に使えると思える文章に出会えないこともあります。そんなときは、Google検索をフル活用しましょう。検索ワードやフレーズを「"検索ワード"」半角の「""」で括って検索すると、関連ページではなく、その単語を含むページがヒットします。さらにmailとかbusinessとかphoneなどのキーワードを加えるとより絞り込むことが可能です。そしてフィットした例文をストックするといいでしょう。特にビジネスシーンで活用する文章というのは定型文が多いものです。日本語でいう「お世話になっております」「平素よりお世話になっております」「今後ともよろしくお願い申し上げます」「引き続き、よろしくお願いいたします」など微妙に言い回しが異なりますよね。英語にも言えることです。バラエティは豊かに持っていて損はありませんが、定型の言葉に時間を掛けることはビジネスシーンでは非効率となりかねません。

英借文をするときの注意点

できれば自分の文章表現に置き換える手間をかけてください。長くなればなるほど、英借文での文章は言葉のトーンがちぐはぐになりがちです。全体の統一感は自分で文章コントロールできるところまでを目指しましょう。
コピペしてきたことが相手に伝わってしまうと、いい印象は持たれないはずです。英語を学ぶ際には、英語で書かれたモデルとなる良文を見て真似たり、覚えると英語力自体も向上していくことは見込めるので、できれば、借りるのはその文の構造や言い回しに留め、自分の文章として作成できるようになることを目指しましょう。このことをパラフレーズと言います。

始めの議題へと促す

Let’s get down to business.
本題に入りましょう。
So, let's start with the first item on the agenda.
では、議題にある最初の項目から始めましょう。

全員に対して意見を求める

What do you think we should do?
私たちはどうすべきだと思いますか?
How would you suggest that we solve this issue?
この問題をどう解決したらよいと思われますか?
What are your opinions on this?
これについて皆さんの意見をお伺いできますか?
What are your views on this?
これについて皆さんの見解はいかがですか?
Does anyone have any comments on this?
これについてコメントがある人はいますか?
Does anyone have anything to add?
他に付け加えることがある人はいますか?
Does anyone have any ideas?
アイデアがある人はいませんか?

個人に特定して意見を求める

Ms. Lee, what’s your opinion on this?
リーさん、あなたの意見を聞かせてください。
Ms. Lee, would you like to comment on this?
リーさん、これについてコメントはありますか?
Ms. Lee, could you tell us more about that?
リーさん、それについてもう少し聞かせてくれませんか?
How does this sound to you, Ms. Lee?
リーさん、これについてどう思われますか?
Could you give us some more details?
もう少し詳細を教えていただけますか?
Ms. Lee, do you have any thoughts regarding the B plan?
リーさん、Bプランについてどう思われますか?

全体の話が逸れたときの軌道修正

We seem to be losing sight of the main point.
要点から逸れてきているようです。
Let’s not get off the subject.
議題から外れないようにしましょう。
Could you keep to the point?
話を脱線させないようにして頂けますか?
We’re getting a little sidetracked here.
少々脱線しているようですね。
Can we stick to the main points?
要点に沿って頂けますか?
Can we get back to the agenda?
アジェンダに戻ってもいいでしょうか?

今の話を後にする提案

We’ll come back to that later.
後ほどこれについて話し合います。
Can we come back to this point later?
後ほどこれについて話し合ってもいいでしょうか?
Can we get to that point later?
その点についてはまた後にしませんか?
I suggest that we deal with this at another meeting.
この点については、次回のミーティングで取り上げることを提案します。
Shall we skip this item?
この点についてはスキップしませんか?

ミーティングでの質問

I have a question.
(質問があります)
May I ask your opinion?
(あなたのご意見をお伺いできますか)
What do you think?
(あなたはどう思われますか?)
※How do you think?は、考えたプロセス、つまりどのようにしてその考えに辿り着いたのかを聞くような表現になるので気を付けてください。

Could you give us some more details?
(もう少し詳しくご説明いただけますか?)
What do you mean by …?
(…とはどういう意味ですか?)
What exactly do you mean by…?
(…とは正確にはどういう意味ですか?)
Do you have any thoughts regarding…?
(…について、何かご意見はありますか?)
I’m not sure I understand. Do you mean…?
(理解できているか自信がありません。…という意味ですか?)
Would you mind repeating that, please?
(そこのところをもう一度お願いできませんか?)
What you are saying is …, am I right?
(…ということですよね?合っていますか?)

ミーティングでの意見や主張

I'd like to comment on that.
(そのことについてコメントさせてください)
I've got something to say on that.
(それに関して、発言したいことがあります)
In my view,…
(私の見解では…)
In my opinion…
(私の見解では…)
I think that we should ~
(~すべきだと私は思います)
I would say that there are ~
(~があるように思えます)
I have something I want to add.
(付け加えたいことがあります)
Let me explain about …
(…について説明させてください)

ちょっと割り込みたいとき

May I say something?
(ひと言よろしいですか)
May I cut in here?
(ちょっと入ってもよろしいですか)
May I interrupt you for a moment?
(ちょっと割り込んでもよろしいでしょうか?)
Excuse me!
(すみません!)

返答や回答が浮かばないとき

I haven’t formed an opinion yet.
(まだ考えがまとまっていません)
I’m still thinking.
(考え中です)
I'm still making up my mind.
(今、検討しているところです)
I need time to think.
(考える時間を下さい)
I need more time to consider on this.
(もう少し、考える時間が必要です)
That’s difficult to answer.
(難しい質問ですね)
I'm not sure how I want to respond to this.
(どう答えるか分からずにいます)
I don't have any opinion at this point.
(現状、特に意見はありません)
I have no ideas at the moment.
(いまは、良い考えが浮かびません)

※「I have no idea.」はアイデアが浮かばないではなく、分からないというニュアンスを含むので控えたほうがいいでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事