ビジネスマネジメント

転職時に覚えておきたい英語とは

英語の求人広告でよくある表現を覚えておきましょう。応募の際には、きちんと熟読して理解しておくことが必要ですし、英文経歴書を作成する際にも、求人内容として書かれていることを参考にしながら提出書類の内容を精査していくのが効果的です。多くの求人案内を見て読解力を身に付けていくこともひとつの方法です。よく使われる基本的な表現を確認しておきましょう。

職位名、適性の英語表現はさまざまなものがあります。きちんと調べて提出するCVなどに記載しましょう。調べるほどにフィットする単語、アピールに繋がる動詞(パワーワード)が使えるようになるでしょう。面接時にも経歴や個性についてすらすらと言葉に出てくるように覚えておくことが大切です。

求人広告にある項目

転職活動では、自分だけで次の仕事を探すだけでなく、転職エージェントのコンサルタントに相談や協力をしてもらいながら進めることもあるでしょう。また、直接企業の人事や採用担当者とのやり取りで進めることもあります。転職活動のコミュニケーションをスムーズにするフレーズを覚えておきましょう。メールや電話でのやり取り表現もマスターしておきましょう。

Location(勤務地)
Job title/position(職種)
Description(業務内容)
Salary(給与)
Qualifications/Requirements(応募資格)
Skill(スキル)
Working day/time(就業時間)
Benefits(福利厚生)
Experience(経験)

社員、従業員 employee
派遣社員 temporary worker
パートタイム労働者 part-time worker

面接でよくある質問フレーズ

転職時には、内定を得るための対策、そして重要な準備として面接の練習が欠かせません。面接では何が聞かれるか完全に予測することは不可能ですが、よくある質問については基本的なこととして理解できるようにしておくことをおすすめします。もちろん自分の回答も用意して、暗記でない練習を重ねておきましょう。

Tell me about yourself.
Please introduce yourself.
自己紹介をしてください。
Why do you want this job?
志望動機をお願いします。
What do you think are the most important skills for this position?
このポジションの一番重要なスキルは何だと思いますか?
How can you contribute to our company?
どのように弊社に貢献することができますか?
What is your greatest achievement?
大きな成果はどんなものですか?
What was your biggest failure?
一番大きな失敗についてお話しください。
What is your strong point?
あなたの長所はどんなところですか?
Do you have any questions?
何か質問はありますか?

ビジネスマネジメント

おすすめの記事