電話

DOの英英辞典の定義

to perform
to execute
to accomplish; finish; complete
to put forth; exert
to be the cause of (good, harm, credit, etc.); bring about; effect.
to render, give, or pay.
to deal with, fix, clean, arrange, move, etc., (anything) as the case may require

DOのイメージを掴む

doは、とてもたくさんのコロケーションを持つ動詞で、ひとつひとつ覚えていこうとするのは至難の技です。そのイメージを掴んでおくと、意味が掴みやすくなります。doには主に「状況から期待されていること、するべきことをする」「もとからある物に対して手を加える作業や動作」のようなイメージがあります。

DO&名詞の表現

do the job(仕事をする)
do the copy(コピーする)
do the research(調査をする)
do the accounts(会計処理をする)
do business with 〜(〜と取引する)
do some discussion(議論をする)
do some analysis(分析する)
do some overtime(残業する)

Will doを使った相づちの表現

Will tomorrow do?
明日でも大丈夫ですか?
Anytime will do.
いつでもいいです。
Anything will do.
何でもいいです。
Will this do?
これでよろしいでしょうか?(役に立ちますか?)
This will do.
これでいいですよ。
Either will do.
どちらでも構いません。

ビジネスシーンでよく使うフレーズ

I’ll do it.
私がやります.
I’ll do my best.
最善を尽くします。
That will do.
それで間に合います。
Let’s do some research on the safety of our products.
商品の安全性に関する調査を行いましょう。
We do business with countries around the world.
弊社は、世界の国々とビジネスをしています。
I have to do some overtime to finish a document.
書類を仕上げるために、少し残業しなくてはなりません。
This practice should be done away with.
この練習は、廃止すべきです。
I can't do without my computer.
コンピューター無しでは仕事ができません。
Do you think it will do any good?
それが何らかの役に立つと思いますか?
I had nothing to do with it.
私とは無関係です。
He's always done well by me.
彼はいつも私によくしてくれました。

MOOCとは?

MOOCとは、Massive Open Online Courseの略で、現在では世界中の一流の大学が作成した講義をオンライン上で受けることができるものです。その講義の内容は、ビジネス、科学、経済、医学、経理、IT分野、心理学など多岐に渡り、字幕での言語カバーがされている講義も多く見かけます。このMOOCのシステムは日本でも取り入れられているようですが、英語学習者には、海外のMOOCの活用をおすすめします。無料でいつでもどこでも受けられる講義が豊富にあります。「英語を学ぶ」ではなく、「英語で学ぶ」学習を取り入れてみませんか?

MOOC学習のメリット

まず、MOOCのシステム自体にたくさんのメリットがあります。中身の充実度はその講義によって異なることは否めませんが、その講義の数は膨大に存在しています。無料のもの、有料のものに分かれているからといって、無料の講義の完成度が低いというわけではないのも特徴です。オンライン上での講義は、大抵の場合、いくつかのステップに区切られていて、ひとつひとつは比較的短く構成されているものが多いようです。講義の開催に自分のスケジュールを合わせる必要はありません。自分の好きなときに、好きな分だけ受講することが可能です。

英語学習者のメリット

海外のMOOCサイトに登録(無料)すると英語の講義を受けることになります。これが英語学習としても大変有用度の高いものなのです。まず、自分のヒアリングペースに合わせて会話スピードを調整することができます。倍速で聴くこともできますし、ゆっくりのスピードで聴き込むことも可能です。もちろん何度も繰り返すということもできます。サイトによりますが、英語の字幕が見れる場合もあります。いくつかのサイトでは日本語字幕にも対応しているところもあるようです。興味のある分野の知識を得ながら、英語の力をも磨いていくことができるというわけです。日本語で聴くよりももちろん時間は掛かるかもしれませんが、その質を考えると日本語で講義を受けるよりも得るものは大きいと言えるかもしれません。聞く、読む、情報収集、考える、専門知識を得ることがひとつの講義でできてしまうのです。中級~上級者であればぜひ活用してみてください。

おすすめのMOOCサイト

Coursera
インターフェイスもすっきりしていて、各機能のとても使いやすいサイトです。スタンフォード大学によって設立され、数多くの大学や企業の講義を見つけることができます。講義はカテゴリ分けされていて見つけやすく、語学やビジネススキルの講義も充実しています。有料制限もありますが、修了証を必要としない場合の視聴は無料のものも多いです。1600以上のコースが用意され、常に追加・更新されています。

edX
MITとハーバード大学が共同で設立したMOOCサイトです。世界中の一流大学の講義が見つかります。1000以上のコースが用意され、特にコンピューターやテクノロジー関連の講義も増えて生きているようです。もちろんビジネススキルについての講義も在ります。

Future Learn
イギリスのOpen Universityが中心となり、優秀大学、ブリティッシュ・カウンシルなどと連携して作られているサイトです。

ビジネス英語の関連記事
  • 会議
    ビジネス英語の類推力を高める接尾辞を捉える
  • ビジネスマナー
    ビジネス英語に役立つアプリ8選と必須単語を確実に覚える方法
  • 面接
    ビジネス英語を身に付けるための良書と英語慣用表現
  • オフィス
    ビジネス英語は英語力より伝え方を学ぼう
  • ビジネス英語は簡単単語の間違った解釈に要注意
  • 相談
    ビジネス英語の電話で相手が出られない時の対処
おすすめの記事
事務
ビジネスマネジメント
目次1 連絡と報告の違い2 連絡時のポイント3 メール連絡の注意点 連絡と報告の違い 連絡と報告の違いを知っていますか?報告は、依頼されたり...
business
ビジネス人気
 自分の仕事が終わって、終業時間となったら本日の業務終了!、とばかりに急いで会社を飛び出ていませんか?やるべき仕事を終えたのであれば、定時に...
プレゼン
ビジネスマネジメント
目次1 開き直りも大切2 不安を受け容れる3 不安を信号と捉える4 不安を呼吸で解消する 開き直りも大切 まず、不安というのが、心の中だけで...