身だしなみ

マイクロマネジメント

マイクロマネジメントの意味をご存知でしょうか。過剰管理という意味を持つ、よくないタイプのマネジメントとして認識されています。親でいえば過保護、過干渉と言ったところでしょうか。マネージャーにマネジメントの知識や能力が不足していることやマネージャー自身の性格によるものでもあるのですが、注目するべきなのは、マネージャーに任せる力が無いということが要因になっているようです。

オーナーシップを与える

裁量度の高い仕事にやりがいとモチベーションを感じる社員は多いものです。現代はその傾向も年々高まりを見せているようです。任せるのはいいが、その一挙手一投足を監視してしまっては、マネージャーの本文となる観察や見守りの範疇を逸して、たちまちマイクロマネジメント式に転落することになるでしょう。本当に信頼を持って任せる時に、心もとなさを脱するための4つの条件を見ていきましょう。

仕事の上手な任せ方

明確な目標
これは指示、命令のためというよりも、任せられた本人が到達地点を明確に把握しておくことが必要で、それは本人の仕事を進めるための全ての基になるからです。任されるというのは、何をどう行うかを提示された目標に応じて業務をする本人が探っていくことになるのです。マネージャーは細かな行動支持を出す必要はないのです。それが任せるということを意味するのです。ポイントは、その目標を担う本人が明確にイメージできるという点です。

十分なルール
任せ、目標に向かう時、ある程度は制約を持たせます。大幅に予算をオーバーしたり、いつまでたっても完了できないとなっては任せる意味がありません。この制約も明確でない場合は、前記した明確な目標を伝えていないことと同等になります。かといって、逐一の報告をルールにしてしまえば、時間の無駄も生じることになります。丁度良い加減が必要になります。

認識の共有
とても大切な部分になります。そのものごとに対して共通の理解が一致していなければ、任せる意味がありません。どういう形をとるのかは双方で意見が異なったとして、その手段や方法まで部下に任せるのか、そうでないのであればその手段や方法についても伝える必要があります。

見守る
任せて見守る姿勢も大切になってきます。順調であればただ見守ればいいし、何かあった場合には、見守っていることで適切なサポートの手を差し伸べやすくなります。思わしくない状況をマネージャー自身が担ってしまうことは自重するべきです。任せたからには、自制心を働かせ、マイクロマネジメントになってしまうのを防ぎます。

適切なマネジメントの条件

任せるということの大きさを認識する必要があります。任せきれないものは、相手に要らぬ責任感や当事者意識は持たせてはならないのです。任せる側ならば、立場を明らかにしたやり取りが必要で、その際にも要件を明確にしたいのか、進捗を検証したいのか、フィードバックを与えたいのか、ブレーンストーミングをしたいのかを伝えます。アドバイスをしたとしてもそれを採用するかどうかは、任せた相手によるものと心得ます。任せたことに関して立ち入る場合は、その部下に対する説明も必ず必要になるでしょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
ビジネスにおいて、上下関係は必ずあるもので、上の人にはきちんとしたビジネスマナーを見せる必要があります。飲み会で遅くなった時に、上司をご自宅...
事務
ビジネスマネジメント
目次1 クレームの種類2 クレーム対応に必要なスキル3 避けるべき意識 クレームの種類 問題や不満についてのクレーム 故障や欠陥、分からない...
business
ビジネス人気
長い間仕事をしていると、取引先への訪問に遅れてしまうことがあるかもしれません。このような場合は、すぐに連絡し十分に謝罪するのが肝心です。反対...