髪型

用意するもの

ビジネスで来客された方にお茶を出すのは大切なおもてなしの1つです。喉を潤すだけでなく、カフェインで脳を活性化させるという効果もあります。せっかくですから、おいしいお茶でおもてなしをしましょう。最初においしいお茶を入れるための道具を用意します。必要なのは、茶葉、茶さじ、急須、茶こし、湯呑み茶碗、茶托です。会社の設備にもよりますが、お湯を沸かすためにケトルやポットなども必要です。

お茶の入れ方手順

お茶の入れ方の手順を、まずは簡単に理解しておきましょう。最初にお湯を沸かし、茶葉を急須に入れます。急須にお湯を入れて少し待ってから茶碗に注ぎます。それぞれの工程でおいしいお茶をいれるためのポイントがあります。以下で説明しますので、覚えて実践してみましょう。

お湯を沸かす

まずはお湯を沸かします。この時に水道の水を使ってよいのか悩む方もいらっしゃいますが、実は日本の水道水は軟水で、日本茶をいれるには適しています。2.3分沸騰させればカルキ臭も消えます。どうしても気になる場合はミネラルウォーターなどの利用を検討してみてもいいですが、外国産のミネラルウォーターは硬水の場合もありますので確認して使いましょう。

一般的にお出しするお茶は煎茶になります。煎茶をいれる時のお湯の適温は70~90度です。沸騰したお湯では少し熱いので、湯呑み茶碗に一度いれて冷まします。紅茶の場合は100度が適温ですので、覚まさずに直接使いましょう。

茶葉を量って入れる

お湯を沸かしている間に急須に茶葉をいれます。一般的な来客用の湯呑み茶碗であれば、一人分で2.5~3グラムが適量です。茶さじを使えば、一杯で一人分となります。マグカップのような大きいカップを利用する場合には量が異なりますので、気をつけましょう。

お湯を入れて待つ

沸騰したお湯を湯呑み茶碗にいれて冷ましたら、湯呑み茶碗のお湯を急須にいれます。お茶の種類にもよりますが、30秒から2分程度待ってから湯呑み茶碗に注ぎます。一般的に高級なお茶ほど長い時間が適しています。

茶碗に注ぐ

湯呑み茶碗に注ぐときには茶こしを使います。急須の内側にも網や茶こしがついていますが、さらに別の茶こしを使います。湯呑み茶碗に茶こしを置いて、上から注いでください。二人分以上いれる場合は、すべてのお茶の濃さが均等になるようにいれます。例えばABCDと4つの湯呑みにいれる際には、ABCDとそれぞれ適量の半分の量を注いでから、DCBAと残りの半分を注ぎます。急須の中身がすべてなくなるように、最後まで注ぎましょう。

きれいに見えるお茶の入れ方

お茶は湯呑み茶碗の7分目までいれるのが、一番上品に見えます。運ぶ際にこぼさないためにも、あまり上までいれないように気をつけてください。お客様にお出しするときは、湯呑み茶碗の絵がお客様の方に向くように気をつけて置きましょう。茶托も木目が横になるように置くのが正しい置き方です。おいしいだけでなく、見た目もきれいにするのが、お茶出しのマナーのポイントです。

まとめ

おいしいお茶をいれるために気をつけるべきポイントをご紹介しました。茶葉によって適した温度や待ち時間が異なりますので、何度か練習してみるのもおすすめです。お茶をいれるのが上手な方がいれば、積極的に聞いてみましょう。丁寧にいれればおいしいお茶になりますし、お客様へのおもてなしの心も伝わりますよ。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
ビジネスマナー
ビジネスマネジメント
目次1 業務プロセスを知ることの重要性2 プロセスマネジメントの基本3 プロセスマネジメントの役割4 プロセス細分化は不可欠 業務プロセスを...
挨拶
ビジネス人気
目次1 ノートは最強の営業資料2 お客様と一緒に作り上げるノート3 商談ごとの一枚を準備4 電子式もおすすめ ノートは最強の営業資料 業種や...
business
ビジネス人気
 クールビズの導入等で、一時と比べると着る機会は少なくなったスーツですが、それでもビジネスシーンにスーツは必要不可欠。スーツと一言で言っても...
business
ビジネス人気
最近では、日本語学習者も多くなり、日本語を学校で習って話すようになったひとに、日本語を母語とするひとが間違いを指摘されることも増えてきました...