エレベーターの乗り方の疑問

エレベーターの乗り方にもマナーがあります。マナーは覚えるだけでなく積極的に実践して慣れることも必要ですが、実践することで生じる疑問もあるでしょう。ここではよくある疑問を、事例をもとにご説明いたします。

エレベーターでの乗り方のマナーを確認

先にエレベーターでのマナーを確認しておきましょう。来客を案内するときには、来客者に先にエレベーターに乗ってもらい、後から自分が乗ります。エレベーターの中にも席次があり、操作パネル側の奥が一番の上座です。反対側の奥が2番目でその手前が3番目、1番の下座は操作パネルの前になります。操作パネルの前に立ってボタンを操作し、目的の階に到着したら、来客者から先に降りるのが基本です。

誰を上座にしていいかわからないときの対応

来客者を案内する際には、自分が下座、来客者は上座になるのが当然ですが、大勢の方が乗り合わせているエレベーターでは、わからないこともあります。誰が一番立場の高い人なのかがわからないのは当たり前のことなので、気にしなくても大丈夫です。大切なのは気持ちよくエレベーターを利用することですので、困っている人がいないかなど、周りをよく見て臨機応変に対応しましょう。

操作パネルの前に人がいたときの対応

操作パネルの前に人がいたときには、無理に割り込んだりせずに操作をお願いしましょう。行き先のボタンは割り込んで押すよりも「○階をお願いします。」と操作パネルの前の人にお願いした方がスムーズです。失礼なことではありませんし、そのほうがエレベーター内の雰囲気がよくなります。また、自分の乗り降りの際に「開」ボタンを押してくれたときには「ありがとうございます。」とお礼を忘れずに伝えましょう。もし来客者を案内しているときに操作パネル前に人がいるのであれば、乗り降りの際には扉の安全装置をおさえて「どうぞ」とご案内すると安心です。

エレベーターが満員のときの対応

エレベーターが待っている階に止まっても、満員で乗れないということもあります。自分だけであれば待っていればよいのですが、来客対応の際にはエレベーターホールで来客者を長時間待たせてしまうのは失礼にあたります。もし同じ会社の社員が乗っているようであれば、降りてもらってもよいでしょう。自分が乗っている側だったときには譲ってあげてください。できることなら事前に混み合う時間帯を避けるというのも1つの方法です。

来客者が大人数で一緒に乗れないときの対応

来客者が大人数でエレベーターに全員一緒に乗ることができないときもあります。そのときには、行き先階を伝えて何人かに先に乗って行ってもらいましょう。エレベーターが混雑していて一緒に乗れない場合も同様です。ですが、できることなら大人数の来客があるときには、1人ではなく複数人で対応できるように事前に準備しておきましょう。

エレベーター内での雑談

廊下など、来客者を応接室まで案内するときには、軽く雑談をしたほうが印象はよくなります。しかし、エレベーターの中はいろいろな方が乗り合わせる公共の場所です。挨拶程度はするべきですが、静かにしているのがマナーです。

まとめ

いろいろな方が乗り合わせるエレベーターでは、予想できないことも起こりやすくなります。どうすべきか迷ったときには、マナーに縛られすぎずに来客者が気持ちよく過ごすためには何が一番よいのかを考え、柔軟に対応しましょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 社内での飲食や喫煙の場所は決められています。昨今は殆どの会社で喫煙場所は決まっており、デスクで喫煙する人はいないでしょうが、問題は飲食。特...
business
ビジネス人気
 オフィス内でついつい取ってしまう、NG行動を集めてみました。小学校時代から私語は慎むように注意をされてきた方も多いと思いますが、オフィス内...