服装

国文化の違い

グローバル化が進み、世界各国に人と接する機会が多くなっています。ビジネスシーンでも、各国に拠点を展開して事業を進める企業も増えていますし、働く職場に多国籍な社員がいることも珍しくない時代になっています。異文化という時に真っ先に思い浮かべるのがこの国と国の文化の違いかもしれません。海外の国々と日本の違いは、日本人同士の違いとは比べ物にならないことも多く戸惑いや躊躇が大きくなることを組織は意識していく必要があるでしょう。関わり方、捉え方、伝え方、世界のスタンダードに近づくための社員の意識改革を行うことは社員の負担を減らすことにも繋がるでしょう。経営体制や管理体制からの的確なフォローアップも重要なものとなります。

世代文化の違い

今の働く世代は大きな転換期なのかもしれません。一般的に重役や管理職になる年齢層はパソコンがやっと社会やビジネスの中に浸透し始めた人たちです。社会に出てからパソコンのスキルをいちから学ぶことを迫られた人も多いものです。一方で、20代、30代前半という人たちは、既に学校教育の段階で身に付けることができています。また小さな頃から様々なデバイスに触れています。コミュニケーションのスタイルが50代と20代では全く異なっていることは否めません。これは世代間の生活習慣による異文化なのです。価値観も異なります。組織に様々な年齢層が必要なものですが、違う年齢層の人たちでも円滑なコミュニケーションをしていける体制を作っていくことも重要になります。

個人文化の違い

最終的には、ひとりひとりの違いに行きつくのだと思います。周りの人を尊重し、協力し、支えてもらい、共に成長を促していける存在であることを自分自身に求め、自己成長を図るための自己マネジメント、自己認識、コミュニケーションスキルが必要と言えるかもしれません。誰にでも長所が欠点があります。まずは、国が違っても、世代が違っても一括り二することなく、その相手個人をしっかり理解しようとする姿勢や意識、理解のための行動が必要なのだと思います。違いの存在にあまり慣れていない社員はその理解のための方法を知らないということに気付いていない人も多いのです。組織はコミュニケーションの視点からの指導にも注力していく必要があるでしょう。

異文化を宝にするために

組織に異文化が多様にあるということは、価値観も発想もその分多様に揃っているということです。本来、組織にとってその多様性こそ財産であり宝になるはずのものです。働く社員にとっても、自分にさらに広い学びをもたらす材料に溢れていることになります。異文化の存在を知ることは自分自身の視野を広げることにも役立ちます。

スムーズにいけば、その恩恵は計り知れないものですが、この異文化に対立が起きてしまうとたちまち摩擦やストレスと化してしまうということを組織は理解していく必要があります。対立とまではいかなくても、問題視するポイントが全く違ったり、受け取り方の違いで誤解が発生したりという認識のズレが起こることもあり得ます。だからこそスタンダード化したルールや組織独自の常識が必要になってくるのです。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
会社に勤めていると、自分の意思とは関係なく異動の命令が出ることが多々あります。発令から異動日まで日にちがないことが多いため、社内作業や引越し...
事務
ビジネスマネジメント
目次1 海外で活躍するための要素は何か?2 グローバルステージで働く問題3 文化を数値化するということ 海外で活躍するための要素は何か? 高...
事務
ビジネスマネジメント
目次1 プラス思考2 モチベーション3 イメージトレーニング プラス思考 腹を立ててしまう、落ち込んでしまう、不安になってしまうということは...