ビジネスマネジメント

記憶力はまだ鍛えられる!

20代、30代の若い人でも、自分の記憶力のなさに劣等感を持っている人がいます。ミスをしたり、言われたことを忘れたり、新しいことを学んでもなかなか頭に入ってこなかったりの原因が記憶力の低さによるものと思っている人は多いでしょう。年代が40代、50代になると記憶力の低下を感じるようになると言われます。覚えられないことを歳のせいにしがちになります。しかし、どんな年代でも記憶力を上げ、鍛えていくことはできると言われています。自分の記憶力を向上させたい、低い記憶力を何とかしたいという人は参考にして試してみてはいかがでしょうか。

メンタルを整える

記憶力の向上や低下はメンタル面で左右されるのだそうです。ビジネスシーンを振り返っても、心配ごとがある時、過度のストレスを抱えている時などは新しいことがなかなか頭に入らないことがあります。本を読もうとする時に目が文字を追うばかりで本の中身は分かっていないということもよくあります。これは、記憶力と集中力のバランスが崩れることからの現象です。このため、記憶力を国情させようと思う時には、記憶のためには精神が安定していることが条件になることを知っておく必要があるでしょう。

記憶脳を調教する

何かをする時に他のことをしながら行うことが集中力を削ぐことはよく言われますが、この「ながら」をすると、脳が記憶しようとするスイッチが入らないのだそうです。テレビを見ながら、食べながら記憶しようとすると、記憶の方が脳への負担が大きいため記憶のための脳が発動しなくなるというメカニズムです。集中する環境を整え、記憶するという意識を持つことが記憶をスムーズにしていくコツとなります。集中して、何回も繰り返すと脳は繰り返されることを重要なことと認識し、定着を図っていきます。そこに楽しむという感覚を加えることができれば、さらに脳の記憶に掛かる負荷を最小限にすることができます。面白くするために工夫をすることで脳を喜ばせながら覚えていくことがポイントになります。

イメージで覚える

言葉でも単語でも、すべてのものを得イメージで覚えることが記憶することへの一番の近道だと言われています。何かをしっかりと覚える時、実践したり、実際に見たりすることで、ものごとを脳の中に定着させています。つまり、体験映像は記憶の最終段階ということなのです。ですから、何事を覚える時も、心や脳を使ってイメージしてみたり、イメージを書いてみたりするというのが疑似体験になるのです。また右脳の領域を使います。右脳は左脳に比べて大量情報を認識することに長けているとも言われています。脳は、実際の体験と想像でのイメージの区別はしません。たとえ、自分にしかわからない、殴り書きや落書きのようなものであっても、脳とイメージを結び付けておくことで記憶率は上がっていくのだそうです。また、記憶しようとする時、頭の中に入れることばかりに意識が向きがちになりますが、記憶することと思い出すことはまた別の脳の回路を使うのだそうです。イメージで覚えておくことは、この思い出すこともスムーズにする効果があると言われています。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事