事務

習慣を変えるメソッド

日本でも再認識の輪が広がり、ビジネスシーンでも取り入れるようになったアドラー心理学では、無意識にまで根付いた頑固な習慣を変えていくメソッドが紹介されています。無意識な習慣に気付いていても、無意識に心や体が反応してしまうのでなかなか変えることが難しいのです。それが三日坊主になったり、変化を先送りすることに繋がっています。無意識レベルの転換に有効とされています。

したいことのリスト化

したいことをすべて書き出します。とにかくすべて絞り出すように書き出します。出てこないと思ってももうひと踏ん張りして書き出しましょう。そしてそれらに優先順位を付けて並べ替えます。付箋紙やカードなどを使うと行いやすいでしょう。そしてノートの1ページに並べます。
この段階では、実際の具体的な行動まではまだ必要ありません。10キロ痩せるとか、毎日30分運動するとか、10時に寝るとか、漠然としていてもOKです。

習慣になった時のイメージ化

習慣にできた時の理想の姿を頭や心でイメージします。その時の達成感やワクワク感、喜びや満足感などをできるだけリアルに感じれるまで想像を広げます。その感情を書き出しましょう。叶った時の感想文を書くような要領で細かく具体的に書き綴ってみましょう。その時をさらにリアルに感じるために絵や写真を用意して見れるようにすると効果がさらに上がります。

予備イメージ対策

習慣化に途中で失敗した時の結果を考えて、その時の感情も思い描いてみましょう。計画を立てる段階のステップとしては珍しいですが、障害にぶち当たってしまった時に強力な回避策として有効です。

したいことのためのやることリスト

何かをやめるとか何かを目標に対して必要な行動を最大限に具体化して書くことがこのステップでのポイントです。1つの目標に対して、習慣にするべきことを3つに絞って書き出します。30分走るとするなら、その30分のジョギングのために必要なアクションを出します。シューズを履くとか、タオルを用意するとか、キャップをかぶるとかというほんの少しのことから始めます。始めは10秒で済むものから行動に移していきます。

行動の定着化

すぐに30分走ることを続けようとするよりも、アクションを細分化して意識に植え付けるステップを繰り返していくことが習慣化の成功率を高めます。少しずつその時間を伸ばしていくことで、意識に念を入れながらッ定着させていくのです。いつの間にか、無意識にそのことを行う自分に気付くかもしれません。習慣になっていないと、そのこと自体を行う障害が出やすくなります。ついもともとの習慣に邪魔されたり、うまくいかなかったりすると続けにくくなるのです。多くの実践者たちがこの方法を用いて習慣化に成功し、目標を達成することを成し遂げています。

セルフコーチングの実践

実際の毎日に落とし込む時は、書いたノートを眺めて成功イメージをすることを1分程度行います。起き掛けにメディテーションのようなつもりで行うといいでしょう。そして考えた具体的なアクションに取り掛かります。もちろん始めは10秒から、ラクにできるようになったらその時間を徐々に伸ばしていきましょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 オフィス内でついつい取ってしまう、NG行動を集めてみました。小学校時代から私語は慎むように注意をされてきた方も多いと思いますが、オフィス内...
business
ビジネス人気
電報という通信手段は、普段の生活で使われることは皆無ですが、結婚式などのおめでたい場や葬式で、祝意や弔意を伝えるために使われています。本稿で...