会議

3つの暗号

怒りには、必要な怒りと不必要な怒りがあります。不必要な怒りを考えなしに発散してしまうとあとあと後悔が残ったり、大きな失敗に繋がったりします。3つの暗号とは、「衝動」「行動」「思考」をコントロールすることで怒りの感情をコントロールするというのがアンガーマネージメントの構成要素です。

「衝動」に対処する6秒間

怒りの感情というのは一瞬のうちに感情のピークが訪れるそうです。カッなって衝動でつい・・・という行動や言動はよくあります。怒りの感情は6秒間持ちこたえることができれば、コントロールがさらに容易になるのだそうです。怒りを他の意識に切り替える努力をします。積み重ねることによって、怒るという感情の癖も改善されていきます。
推奨されている方法はいくつもあります。
水を飲む、数を数える、書き出す、身体の一部をタッピングする、怒りの程度を数値レベル化してみるなど様々です。自分に効果のある方法を見つけてみましょう。

「行動」を制御する三重丸

怒りは対象となるものや人との価値観のズレから生じるものです。こうであるべきという思いが強いと自分の思い通りにならないことで怒りが生まれるのです。三重丸の中心は自分の価値観です。コミュニケーションで相手に接していく時は、ひと回り、さらにふた回りと価値観(べき)の幅を広げていくことが大切なのです。

厳しいルールに反した相手には、たとえ仲が良くても、とても機嫌が良かったとしても敢えて怒る(叱る)ということをしなければなりません。面白いデータとして起こりやすい人は中心の価値観の枠で考えることしかできないのでいざ自分が怒られるときに弱いのだそうです。一方、あまり怒らない人は、価値観の枠が二重目、三重目と広くなっているので怒られるときも、相手に価値観(べき)の存在を理解できるので強いのだそうです。

分かれ道という「思考」

怒りが生じた時に、その怒りの原因を思考します。まずは、自分で変えられることか、自分にはコントロール不可能なことかという点を考えます。さらにこの2つを重要なことか重要なことではないかで分けます。

つまり、以下のように分けるのです。
変えられる+重要
変えられる+重要ではない
変えられない+重要
変えられない+重要ではない

この思考をすることで、すべてに怒りを感じるということが無くなります。案外小さなどうでもいいようなことにイライラしたり、憤慨しがちな自分に気付くこともできるのです。

アンガーログ

ログは記録を意味します。怒りの経験を書き記していく方法です。自分がどのようなことに反応して怒り易いのかを知るためのものです。傾向を知ると避ける方法を見出すことができます。

記録の内容は、日付と場所、きっかけ、自分の言動、態度、行動、怒った相手、怒ったことでの結果、自分の感情(その時&その後)、怒りの程度の数値化などです。そして大切なのが、本当は怒った相手に何をして欲しかったのか、何を言って欲しかったのかということを忘れずに書きましょう。

毎日、一定期間記録していくと自分の怒りやすい状況の傾向やパターンが見えてきます。何より不要な怒りを避けることができるようになります。怒りの根本の原因になっていることに対しての対策を取っていけるようにもなります。自分の中にある固定観念にも気づくことができれば、ガチガチのその観念をも徐々に和らげていくことができるのです。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
ビジネス人気
目次1 営業マンの1本目のボールペン2 営業マンの2本目のボールペン3 専門店で購入しよう 営業マンの1本目のボールペン セールスパーソンは...
会議
ビジネスマネジメント
目次1 すぐに対処する2 感情を鎮める3 冷静に対処策を考える4 解決後に原因を探る すぐに対処する トラブルが起きると、時間の経過とともに...