ビジネスマネジメント

エレベーターにもマナーがある

来客者を応接室にご案内するときなど、エレベーターを利用することもありますよね。エレベーターにも利用方法や、来客者の案内方法にマナーがあります。エレベーターは狭い空間に来客者と自分以外にもいろいろな方が乗り合わせますので、来客者以外の方にも丁寧な対応を心がけましょう。スムーズにご案内し、気持ちよく利用していただくために、エレベーターでの来客対応の流れを覚えておきましょう。

エレベーターホールで待つときは

いつもエレベーターが乗る階に止まっていてくれるわけではありませんので、エレベーターホールで来客者とエレベーターを待つこともあります。エレベーターホールで待つときには、エレベーターのドアから離れた位置で待ちましょう。ドアの正面ではなく、斜め前で待つのが無難です。エレベーターでは乗る人よりも降りる人が優先ですので、降りる人がスムーズに通れるようにするためです。

降りる人を待ってからエレベーターに乗ろう

エレベーターが来たら、降りる人を待ってから乗ります。ベビーカーや車椅子の方が降りてくるときや、たくさんの人数が降りてくるときなどは、スムーズに降りられるようにボタンを押してドアを開けておきましょう。来客対応以前に、人としてのマナーです。

最初にエレベーターに乗るのは来客者

エレベーターは目上の方から乗ります。ボタンを押したまま「お先にどうぞ」と軽く会釈をして来客者に先に乗ってもらいます。来客者が乗ったら自分も乗りましょう。操作パネルの前に立ち、行き先ボタンとドアを閉めるボタンを押します。操作パネルの前にすでに誰か乗っていれば、その方にお任せし、「○階をお願いします。」と行き先ボタンを押してもらいましょう。無言で割り込み、ボタンを押すよりも雰囲気がよくなります。

エレベーター内での席順に気をつけよう

エレベーターの中にも席次があります。一番上座は操作パネル側の奥です。次に操作パネルと反対側の奥、次がその手前となり、操作パネルの前が下座です。とはいえ、エレベーター内は頻繁に人が出入りしますので、出入りするたびにわざわざ席をかわるほど厳密なものではありません。それよりも気持ちよくスムーズに利用してもらうことを重視しましょう。

操作パネルの前ではみんなに配慮

操作パネルの前に立っているときは、みんなに配慮が必要です。乗ってきた方には「何階ですか?」と声をかけ、乗り降りの際には人の流れやタイミングを見て開閉ボタンを押しましょう。

エレベーターは来客者から降りる

降りるときにも目上の人から降りるのがマナーです。ドアを開けるボタンを押しながら、先に降りてもらいましょう。他にも降りる方がいた場合には、その方々が降りるのを待ってからボタンを離して、最後に自分が降ります。操作パネルの前に別の方がいて開けるボタンを押してくれた場合には「ありがとうございます。」とお礼をいうのを忘れないようにしましょう。目上の人から降りるのがマナーですが、エレベーターの混み具合によっては自分が先に降りた方がスムーズなこともあります。その場合には無理せず自分から降りましょう。

まとめ

エレベーターでのマナーのポイントは、自分が後に乗り、降りる順番も最後にするということです。いろいろな方が乗り合わせるエレベーターでは、周りをよく見て臨機応変に対応することが必要です。他の方への対応も適当にしてしまうと、来客者の方からの印象が下がることもありえます。普段から周りに配慮してエレベーターに乗り、慣れておきましょう。

 

 

 

フロー心理学とは

フロー心理学は、ミハイ・チクセントミハイ氏の提唱する「フロー理論」が基になっています。フロー状態とは、人がひとつのことに没入していて、他のものを問題視しなくなる状態のことです。取り組んでいること以外、気にならなくなる状態のことを言います。その状態は心地よく、楽しい経験になるので、自然にその活動のための時間を多く費やすようになるというサイクルを持っています。機嫌のよい状態で没頭しているので、その活動の質や成果も大変上質なものになっていくというのがフロー理論の基本原理です。

フロー状態は訓練で磨かれる

仕事でもスポーツでもフロー状態になれるかどうかというのがパフォーマンスに影響してきます。フロー状態の質も持続できる長さも人によって異なります。できるだけ集中できる良い状態をキープしていくことが求められます。このスキルは毎日のトレーニングを積み重ねることでどんどん鍛えていくことができます。
1日の中で3分でも5分でも意識的に集中する癖付けをしてみましょう。慣れるごとにその集中度が深くなったり、集中の継続時間も長くなっていくでしょう。

脳の強化に役立つこと

脳の機能は、年を重ねるごとに退化します。まずはその衰えを食い止めることが必要です。そして強化することも可能になります。どんなことが脳機能の退化防止や強化に繋がるかというと、新しい行動経験、感情経験を重ねることです。脳は退屈すると劣化するようにできているのです。1日ほんの些細なことでもいいですし、ほんの5分でできることでも構いません。脳に変化の体験をさせましょう。そのいつもと違うという変化が脳を活性化させていくのです。いつもと違う方法、いつもと違う道、いつもと違う空間何でもいいので心掛けてみましょう。ちょっと問題が起きた時やハプニングが発生した時の自分の反応も脳の状態を測るバロメーターになります。
強化された脳を持っている時ほど、動じないストレス耐性も身に付いているのです。

カタルシス効果で感情抑制

自分の感情なのにコントロールすることが難しいと思っている人は多いと思いますが、フロー心理学ではカタルシス効果を得るための手法が紹介されています。カタルシス効果とは、自分の中のネガティブな感情もアウトプットすることで心を浄化できるという原理を活用することで得られる効果のことを言います。涙を流したら、心がすっきりした、悩み事を誰かに聞いてもらったら気持ちが晴れたなどの経験をする人は多いと思いますが、これも一種のカタルシス効果なのです。ただこれだけでは感情抑制のコントロールにはならないので、例えば自分で書き出してみて、しっかりと自分の感情を自覚し、さらに客観視してみることできちんと認知できるようになります。この認知の状態に至ることができれば、感情を抑制するための変化が自然に訪れてきます。

認知をコントロールする

感情を抑制することを書きましたが、フロー理論ではその認知がネガティブなものであるなら、それは思考のクセでしかなく、そのクセは変えることができると説いています。ものごとに対してどう意味付けをするかは、他の誰でもなく、紛れもない自分なのです。自分の感情を経験するのも自分です。ならば、認知を変えてできるだけ機嫌よく過ごそうという提唱です。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事