上司

エレベーターにもマナーがある

来客者を応接室にご案内するときなど、エレベーターを利用することもありますよね。エレベーターにも利用方法や、来客者の案内方法にマナーがあります。エレベーターは狭い空間に来客者と自分以外にもいろいろな方が乗り合わせますので、来客者以外の方にも丁寧な対応を心がけましょう。スムーズにご案内し、気持ちよく利用していただくために、エレベーターでの来客対応の流れを覚えておきましょう。

エレベーターホールで待つときは

いつもエレベーターが乗る階に止まっていてくれるわけではありませんので、エレベーターホールで来客者とエレベーターを待つこともあります。エレベーターホールで待つときには、エレベーターのドアから離れた位置で待ちましょう。ドアの正面ではなく、斜め前で待つのが無難です。エレベーターでは乗る人よりも降りる人が優先ですので、降りる人がスムーズに通れるようにするためです。

降りる人を待ってからエレベーターに乗ろう

エレベーターが来たら、降りる人を待ってから乗ります。ベビーカーや車椅子の方が降りてくるときや、たくさんの人数が降りてくるときなどは、スムーズに降りられるようにボタンを押してドアを開けておきましょう。来客対応以前に、人としてのマナーです。

最初にエレベーターに乗るのは来客者

エレベーターは目上の方から乗ります。ボタンを押したまま「お先にどうぞ」と軽く会釈をして来客者に先に乗ってもらいます。来客者が乗ったら自分も乗りましょう。操作パネルの前に立ち、行き先ボタンとドアを閉めるボタンを押します。操作パネルの前にすでに誰か乗っていれば、その方にお任せし、「○階をお願いします。」と行き先ボタンを押してもらいましょう。無言で割り込み、ボタンを押すよりも雰囲気がよくなります。

エレベーター内での席順に気をつけよう

エレベーターの中にも席次があります。一番上座は操作パネル側の奥です。次に操作パネルと反対側の奥、次がその手前となり、操作パネルの前が下座です。とはいえ、エレベーター内は頻繁に人が出入りしますので、出入りするたびにわざわざ席をかわるほど厳密なものではありません。それよりも気持ちよくスムーズに利用してもらうことを重視しましょう。

操作パネルの前ではみんなに配慮

操作パネルの前に立っているときは、みんなに配慮が必要です。乗ってきた方には「何階ですか?」と声をかけ、乗り降りの際には人の流れやタイミングを見て開閉ボタンを押しましょう。

エレベーターは来客者から降りる

降りるときにも目上の人から降りるのがマナーです。ドアを開けるボタンを押しながら、先に降りてもらいましょう。他にも降りる方がいた場合には、その方々が降りるのを待ってからボタンを離して、最後に自分が降ります。操作パネルの前に別の方がいて開けるボタンを押してくれた場合には「ありがとうございます。」とお礼をいうのを忘れないようにしましょう。目上の人から降りるのがマナーですが、エレベーターの混み具合によっては自分が先に降りた方がスムーズなこともあります。その場合には無理せず自分から降りましょう。

まとめ

エレベーターでのマナーのポイントは、自分が後に乗り、降りる順番も最後にするということです。いろいろな方が乗り合わせるエレベーターでは、周りをよく見て臨機応変に対応することが必要です。他の方への対応も適当にしてしまうと、来客者の方からの印象が下がることもありえます。普段から周りに配慮してエレベーターに乗り、慣れておきましょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
事務
ビジネスマネジメント
目次1 プラス思考2 モチベーション3 イメージトレーニング プラス思考 腹を立ててしまう、落ち込んでしまう、不安になってしまうということは...