ビジネスマネジメント

エレベーターの乗り方の疑問

エレベーターの乗り方にもマナーがあります。マナーは覚えるだけでなく積極的に実践して慣れることも必要ですが、実践することで生じる疑問もあるでしょう。ここではよくある疑問を、事例をもとにご説明いたします。

エレベーターでの乗り方のマナーを確認

先にエレベーターでのマナーを確認しておきましょう。来客を案内するときには、来客者に先にエレベーターに乗ってもらい、後から自分が乗ります。エレベーターの中にも席次があり、操作パネル側の奥が一番の上座です。反対側の奥が2番目でその手前が3番目、1番の下座は操作パネルの前になります。操作パネルの前に立ってボタンを操作し、目的の階に到着したら、来客者から先に降りるのが基本です。

誰を上座にしていいかわからないときの対応

来客者を案内する際には、自分が下座、来客者は上座になるのが当然ですが、大勢の方が乗り合わせているエレベーターでは、わからないこともあります。誰が一番立場の高い人なのかがわからないのは当たり前のことなので、気にしなくても大丈夫です。大切なのは気持ちよくエレベーターを利用することですので、困っている人がいないかなど、周りをよく見て臨機応変に対応しましょう。

操作パネルの前に人がいたときの対応

操作パネルの前に人がいたときには、無理に割り込んだりせずに操作をお願いしましょう。行き先のボタンは割り込んで押すよりも「○階をお願いします。」と操作パネルの前の人にお願いした方がスムーズです。失礼なことではありませんし、そのほうがエレベーター内の雰囲気がよくなります。また、自分の乗り降りの際に「開」ボタンを押してくれたときには「ありがとうございます。」とお礼を忘れずに伝えましょう。もし来客者を案内しているときに操作パネル前に人がいるのであれば、乗り降りの際には扉の安全装置をおさえて「どうぞ」とご案内すると安心です。

エレベーターが満員のときの対応

エレベーターが待っている階に止まっても、満員で乗れないということもあります。自分だけであれば待っていればよいのですが、来客対応の際にはエレベーターホールで来客者を長時間待たせてしまうのは失礼にあたります。もし同じ会社の社員が乗っているようであれば、降りてもらってもよいでしょう。自分が乗っている側だったときには譲ってあげてください。できることなら事前に混み合う時間帯を避けるというのも1つの方法です。

来客者が大人数で一緒に乗れないときの対応

来客者が大人数でエレベーターに全員一緒に乗ることができないときもあります。そのときには、行き先階を伝えて何人かに先に乗って行ってもらいましょう。エレベーターが混雑していて一緒に乗れない場合も同様です。ですが、できることなら大人数の来客があるときには、1人ではなく複数人で対応できるように事前に準備しておきましょう。

エレベーター内での雑談

廊下など、来客者を応接室まで案内するときには、軽く雑談をしたほうが印象はよくなります。しかし、エレベーターの中はいろいろな方が乗り合わせる公共の場所です。挨拶程度はするべきですが、静かにしているのがマナーです。

まとめ

いろいろな方が乗り合わせるエレベーターでは、予想できないことも起こりやすくなります。どうすべきか迷ったときには、マナーに縛られすぎずに来客者が気持ちよく過ごすためには何が一番よいのかを考え、柔軟に対応しましょう。

 

 

 

 

 

社員のビジネスマナー研修は、なかなか身に付かず、多くの企業がその研修の在り方を模索している問題です。社員の中で、ビジネスマナーをマスターしている人とそうでない人では評価が違うと言われるほど、ビジネスマナーは重要なものなのです。

当事者意識を強く持つこと

ビジネスマナーは、自ら行動を起こせるかによってかなり違ってきます。その会社の人間であるという意識の高さがそうさせるのでしょう。ビジネスマナーの中では、人それぞれで課題が違ってきます。ですから、その研修そのものも工夫して当たらなければなりません。「やらされている」という意識を持たせないように、教育の中にマナーの大切さの意識を持たせる工夫をしなければならないのです。

よい影響を周囲に与えるような社員教育を

ベテラン社員の中には、管理職やリーダーという立場の方も多いです。そのような立場にある方は、部下への指導が役割となります。そのためには、「部下のビジネスマナー向上のためには」や「顧客に対するビジネスマナー向上はどうするのか」などの課題をもってテーマを設定し議論や実践報告を通して教育をしていかなければなりません。

異なる価値観も認める寛大さを

ビジネスマナーの原点に「人の話をよく聞く」ということがあります。中堅社員教育で行いたい研修として、自分はできているという錯覚を砕くことです。長所は長所として認めながらも、誤った言動として見られる部下の持つビジネスマナーの考えは改善してやらなければなりません。それがビジネスマナー研修なのです。

新しい環境でも社員教育の成果を

社員によっては、転職等で自分が歩んできた業界での常識を持ってくる人もいます。「ここでは通用しない」というビジネスマナーを教育してやらなければなりません。ここでは接客で学んだマナーの常識は非常識になるということを叩き込んでいく必要もあるわけです。

新入社員教育がいかに大切か

ビジネスマナー研修での新入社員教育では最も重要になります。新入社員は育ってきた環境がそれぞれ違うからです。企業によっては、費用を出してでも「ビジネスマナー検定」というものを受けさせるほど、新入社員には欠かせないものになっています。接客や電話対応、言葉遣い、メールのやり取り等、また、コンプライアンス遵守に至るまで学んでほしい内容がたくさんあるからです。ただ、この研修も名ばかりでは意味がありません。定期的にケーススタディーなどを取り入れて、社員への定着度を測らなければなりません。さらには、一人一人の社員の研修の成果を評価してやることも新入社員のやる気にもつながります。

尊敬される人をつくる社員教育を

社員がどんな立場の人間であろうと、ビジネスマナーを守って日々勤務しなければなりません。管理職がマナーを守っていないところを部下に見られるなどは論外です。尊敬できないとわかった管理職やリーダーには、部下はついてきません。その後のビジネスマナー研修が成り立たなくなってしまいます。若手社員には、特に、コンプライアンスを含めたビジネスマナー、ビジネス環境が変化する時代に即した教育を行うようにしたいものです。

まとめ

ビジネスマナーをマスターしている人をじっと見てください。見ていると、こちらまで気持ちがよくなります。誰が見ても生き生きとしているように見えるものです。会社の中でそういう場面を見ることができればと思う管理職の方は、自身を正すことから始めることでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事