会議

エレベーターで気持ちのよい対応を

お客様をご案内する際に意外と見落としがちなのがエレベーターでの対応です。エレベーターにも乗り降りのマナーや席順があります。いざという時にスムーズにご案内できるように、マナーを覚えておきましょう。

エレベーターは乗る人よりも降りる人が先

お客様を案内することに緊張して間違えてしまう方がまれにいらっしゃいますが、エレベーターは乗る人よりも降りる人が先です。普段、お店などでエレベーターを利用する時と同じなのですが、社内のエレベーターは利用する人が少ないため油断して、降りてくる人はいないだろうと思いこみ、失敗する方もいらっしゃいます。間違えることのないように、エレベーターを待つときはドアから少し離れたところに立つと、降りる人もスムーズに降りることができます。社内のエレベーターホールで立ち位置を確認しておくと安心です。基本中の基本ですが、忘れないようにしましょう。

エレベーターは目上の人から乗る

エレベーターに乗るのは目上の人からです。外側にあるエレベーターのボタンを押してドアが閉まらないようにし、「お先にどうぞ」とお客様へ軽く会釈しましょう。お客様が乗ってから、自分が乗ります。操作パネルの前に誰もいなければ、自分が立って操作しましょう。

操作パネルが1つのときの席順

エレベーターの中にも席順があります。エレベーターによって、操作パネルが1つの場合と2つの場合がありますので、分けてご説明いたします。操作パネルが1つの場合は、操作パネル側の奥が上座になります。次は操作パネルがない側の奥、その次は操作パネルがない側の手前で、下座が操作パネルの前です。

エレベーターに乗る人数が多いときの席順

人数が多いときには、操作パネルの奥が1番の上座、2番目が操作パネルのない側の奥であることは同じです。3番目はエレベーター中央の奥となります。4番目は操作パネルがない側の手前で、5番目は3番目と4番目の間、つまり操作パネルのない側の中央となります。6番目は操作パネルがある側の中央、7番目はエレベーターの中央、8番目は中央の手前側、つまりドアの前です。最後に下座が操作パネルの前なのは同じです。

操作パネルが2つあるときの席順

操作パネルが2つあるときは、エレベーターに乗る前からみて左側の奥が上座になります。エレベーターに乗り込んでドアの方を向いた場合の右側です。その他の席順は操作パネルがエレベーターに乗る前からみて左にあるときと同じです。少しややこしいですが、実際にエレベーターに大人数で乗るときには、そこまで厳格に席順を守ることはあまりありません。それよりも、スムーズに乗って移動できるように臨機応変に対応することの方が優先されますので、周りをよく見ることを大切にしましょう。

エレベーターは目上の人から降りる

エレベーターでは、乗るときも降りるときもお客様が先です。目的の階についたら、開くボタンを押してお客様に先に降りてもらいましょう。「どうぞ、(出て)右側になります」と声をかけるなど気づかいができると、さらによいですね。

エレベーターの乗り降りは状況に合わせて

乗り降りの際の順番も席順も、マナーとして決まってはいますが、厳密に守らなければならないものではありません。特にエレベーターはいろいろな方が狭い空間に乗り合わせますので、無理に順番を守ると周りの方に迷惑をかけてしまうような状況もあります。無理はせずに、その場の状況に合わせて対応しましょう。

まとめ

エレベーターのマナーのポイントは「乗降は目上の人から」と、「操作パネルの奥が上座で手前が下座」です。とはいえ、厳密に守るよりも安全かつスムーズに乗り降りできることを優先しましょう。臨機応変に対応できる方がお客様も気持ちよくエレベーターを利用することができます。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
事務
ビジネスマネジメント
目次1 貸借対照表2 資産3 負債4 純資産 貸借対照表 決算書には財務3表と呼ばれる3つの種類があります。貸借対照表、損益計算書、キャッシ...