相談

相手への興味・関心を持つ

コミュニケーションは相手ありきのものです。相手に興味を持つことがまず第一ステップです。好き嫌いで接した経験はありませんか?その人とのコミュニケーションで、その後、長く、良好な関係が築ける人は少ないでしょう。プライベートでは、好き嫌いで判断しても支障のないこともあるかもしれません。ビジネスではそうもいかない部分ばかりだと思います。そこに好き嫌いという感情を見出してしまうとストレスも発生しますよね。
良いコミュニケーションを取っていける人というのは、人を好き嫌いで判断しません。でも興味は持って接します。好きになる必要はないのですが、不思議なことに良好なコミュニケーションを取っていけるようになると、相手のどこかに嫌悪感を持ったとしてもその部分だけではないと気付くことができます。嬉しい発見が待っているのです。

沈黙は悪ではない

コミュニケーションの中で怒涛のように話を続ける人がいます。人と接することが苦にならず、誰とでも屈託なく会話できるのでコミュニケーション能力が高いと勘違いしている人もいます。実は話すばかりがコミュニケーションではないことを知らなければなりません。

また、そのような人とは反対に、人と接することが苦手でいつも何を話していいのか分からない、相手をしらけさせるのではないかと心配している人もいます。そんな人たちはたいてい自分のコミュニケーション能力は低いと思っているのではないでしょうか。繰り返しますが、話せるということだけがコミュニケーション能力を測るモノサシではありません。

シーンとなる時間も、良いコミュニケーションになり得ます。お互いにとって有効になったり、充実の時間になったりすることもあるのです。

受け止める

相手の意見や感情を受け止めましょう。これは賛成したり同調したりが必要という意味ではありません。相手の気持ちや意見を自分が認識したことを伝えるようにします。話を聞いていて、相手の言うことが自分の意見や価値観と違っていた時、即座に否定で返す人がいます。これはコミュニケーションの中ではご法度です。

たくさんのデメリットが存在していることに気付きましょう。その否定によって、相手は話す気が無くなり、コミュニケーションが終わってしまう可能性もあります。否定されたという反感を抱かせてしまうかもしれません。話の腰を折った場合、話を最後まで聞いてもらえなかったという不満は必ず残ります。

誰でも、あなたと同じように自分の話をするのが好きなのです。賛成してもらえると嬉しいものですが、第一番目は、相手の興味は相手自身に向いているということを意識します。相手にとってはあなたが賛成か反対かより、まずは聞いて欲しいと思っていることを知ってください。相手の話を聞けるのは、相手のことを知る絶好のチャンスであることも肝に銘じておきましょう。

短く伝える

長々と話をするのではなく、短く伝える心掛けを持っておくと役に立ちます。短く伝えようとすると自然に内容を絞らなければならなくなります。必要なことが伝わると気持ちの良いコミュニケーションが進みます。

反対に長くなると余計なことが入りがちになります。結局何の話をしていたのかを話す人も聞く人も分からないことというのも良くあることです。友人同士の楽しいおしゃべりであればそういう時間もいい時間になりますが、これがビジネスの場面だったらどうでしょう。伝えるべきことをしっかり届けるためにも、短く簡潔にというのは鉄則なのです。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
ビジネスマナーとして、メールの件名をいわゆる「Re:」で送り返すのは失礼にあたります。具体的な要件を丁寧に書き込むように習慣化することが大切...
business
ビジネス人気
会社内のパソコンを使った事件や事故が多発しています。大きな問題になると、企業情報の漏えい、また社内でのハラスメント行為など、会社そのものの存...
business
ビジネス人気
良好なコミュニケーションは、いいあいさつと笑顔で始まると言われます。あいさつをするときにさわやかな笑顔が伴うと、人に与える印象が大きく違って...
business
ビジネス人気
そもそも、ビジネスマナーとは何でしょうか。大人が勝手に作ったわけのわからないルールでしょうか。偉いたちが自分が「偉い」と多くの人に認識させる...
business
ビジネス人気
 自分の仕事が終わって、終業時間となったら本日の業務終了!、とばかりに急いで会社を飛び出ていませんか?やるべき仕事を終えたのであれば、定時に...