オフィス

ビジネスマネジメント

十分な休息を取る

休息は疲れやストレスを感じる前にこまめに取るのが理想です。簡単に短時間でできる休息として目を閉じるというものもあります。私たちは寝ている時以外は常に視覚からの情報を得ています。一旦視覚情報を遮断することは、脳を休めることにもなるのです。
休息は体を休めることだけではありません。デスクワークの場合は体の動きが小さい時間が続きます。この場合の休息は、立ち上がったり、ちょっとしたストレッチをしてみたり、トイレに行くまでの歩行だけでも休息になります。また何もしない時間を10分でも5分でも確保する心掛けも現代人には必要かもしれません。

そして何よりの休息が睡眠です。私たちは睡眠なしでは生き続けることができません。体の大切な成長と疲労回復の時間だからです。人によって最適な睡眠時間は異なりますが、昼寝にも大きな休息の効果があると言われています。

趣味に没頭する

没頭している時というのは雑念がありません。好きなこと、楽しめることに一心に取り組んでいる時の脳はリラックスの状態を得ることができます。没頭というととても神経を使っているようなイメージを持たれるかもしれませんが、没頭による緊張や集中力が脳に快楽感覚を得るドーパミンやセロトニンを分泌させ、深いリラックス状態を感じることができるのです。思う存分やったと満足する時にストレスが解消されているのはこのためと考えられています。

違う環境で気分転換

旅行などでいつもと違う環境に触れることでリフレッシュできると感じる人もいます。でも年がら年中の旅行は不可能です。また仕事で常に外出したり出張が多い人にとっては家でゆっくりする時間がリフレッシュの方法だったりします。

場所を極端に変えなくても、1日の中で環境を変えることも有効です。デスクワークでオフィスにいる時間が長い人は、外の空気を吸いに外出してみたり、オフィスビルの周辺を散歩したりすることでも気分転換になります。

空間の変化は私たちの五感に刺激を与え、違う思考を作り出します。ずーっと同じことを考えているよりも生産性もエネルギーもアップするはずです。

メンタルトレーニング

メンタルトレーニングには色々な方法がありますが、そのほとんどがまずストレスを認識することから始まります。気付いたところから変換や転換を行っていくのです。言葉にすると簡単なようですが、ストレスを受ける内容というのは一種の思考のクセでもあるので毎日の意識付けによる実践が必要になります。

メンタルトレーニングの目的は、そのストレス状態を1時的に乗り越えるというだけでなく、思考のクセを修正し、ストレスを感知しにくい精神を養って行くということです。ストレス耐性の強さは、ストレスに耐える、乗り越えるというだけでなく、感知しにくい精神を手に入れることが重要なバロメーターとなるのです。

深い呼吸に頼ってみる

ストレスを感じている時は程度の差はあっても心と身体のどこかに必ず緊張が存在しています。それらを緩めるためには交感神経のバランスを整えることが必要になってきます。
緊張がある時というのは、交感神経が優位に働いていますので、深い深呼吸によって副交感神経を働かせることができます。自律神経は、心臓の心拍機能や胃の消化機能
などのように私たちの意志ではコントロールできないものがほとんどですが、呼吸だけは交感神経と副交感神経のコントロールが可能なのです。

ビジネスマネジメント

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
ビジネスでは、上下関係によって座る場所が決まっており、これを席次といいます。目上が座る席を上座、目下が座る席を下座といいます。座る席を間違え...
business
ビジネス人気
 指示をした仕事について、その後の報告がなければ、指示をした人はその仕事の経過、問題点、結果を把握することができません。指示者に結果報告を行...
マナー
ビジネスマネジメント
目次1 考えずともできることを増やす2 いつものフレーズはテンプレート3 業務フローも型に沿う4 エクセル関数を覚える5 なぜ机は綺麗にして...