ビジネスマネジメント

ルミネ―ションとは

ルミネ―ションとは、反芻という意味を持ちます。同じことを何度も思い出すことをルミネ―ションと言います。過去の苦い経験だったり、恐怖の体験だったりする時、私たちの心身は反応を示します。イライラしたり、息苦しくなったり、心拍数が上がったり、血圧が上昇したりします。ストレスホルモンも分泌されることになります。こうして思い出されることが頻繁になると常時ストレスが掛かった状態が続きます。慢性的なストレス状態に陥りやすくなってしまうのです。リラックスできる暇がない心身状態が延々と続くことになるのです。

ルミネ―ションチェック

思い出すということは誰にでもあるものです。しかしそれが、自分に過度にストレス的な反応をさせているとすれば問題になってきます。ルミネ―ションによって、既に架空の状況なのに、そのことに対してもストレス反応を起こしているということになるからです。下記の項目に当てはまるかどうかをチェックしてみてください。

嫌なこと、不快なことを何度も思い出すことがある
別のことを考えていても思い出すことがある
思い出すとなかなか消えない
思い出すとそのことで頭がいっぱいになる
思い出したときに不快な気分になる
思い出す内容がいつも同じである
なぜこんなことになったんだろうと思えてくる

一番上の項目、何度も思い出すことが無ければ心配はありません。この項目を含めて、6つ以上が当てはまる人は慢性的に落ち着かない状態が続いていると言えるでしょう。注意が必要です。

ルミネ―ションの防ぎ方

まずはストレスを自覚することが先決です。静かな場所で3分間ほど軽く目を閉じて浮かんでくるものごとを観察してみましょう。何かを思い出してイライラしたり、やる気のなさに気づいたり、気になることが次々に浮かんでくるかもしれません。思い出す内容が不快なもので、何度も繰り返されるならルミネ―ションが起きているということになります。浮かんできたことはそのまま受け止め、判断をせずに、流すことに努めましょう。マインドフルネスの瞑想では、呼吸に意識を集中させたり、身体の一部分の感覚に意識を集中させたりすることによって、ルミネーションから意識を逸らす時間を作り出すことができます。その時間はリラックス状態が得られるということです。それを継続していくうちにだんだんとルミネ―ションが減っていくと言われています。

ルミネ―ションが起きていることを認識することができるなら、それが既に架空のものだということを認識することも大切です。現実のストレスに対処することにエネルギーを注ぎましょう。

快で脳を埋める

やっていて心地よいことを行って、集中することでルミネ―ションを避けることができます。先ほどご紹介したマインドフルネスなど呼吸に意識を向ける方法でも構いませんし、掃除をする、料理をする、筋トレをするなど脳を占領させるものを行う時間を確保するのです。ルミネ―ションが起こりやすい人というのは、思い出しやすい状態になっているのでその機会を減らす方法として、他のことに没頭することが有効になるのです。まずはストレス反応の慢性化を防ぐためにこまめな没頭を心掛けてみましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事