話し合い

軽い運動でいい汗をかく

気温に任せた表面上の汗のかき方ではなく、自ら動いて身体の芯から温まって内側から汗が出るような運動を習慣にしましょう。その時に身体の中で起こる心拍数の変化、血流の促進、筋肉を使うことはストレスを効果的に解消する効果があります。

自分のストレスを知る

自分がどんなことにストレスを感じやすいのかを知っておくことは重要です。意識的に避けることができたり、避けられないものでもそのストレスがあった時に、こまめに対処できるようになります。ストレスは溜めないことが大切です。気付くことができないと無意識のうちにぎりぎりまでため込んでいることがあります。気付ける段階を自分に認識させることが必要です。

人やものごとへの先入観を捨てる

「この人はこういう人だ」「これはこうあるべきだ」という先入観があると、それに応じた対処しか取らなくなったり、少しでも自分の観念とずれていると不安や不満を抱きやすくなります。この先入観の度合いの違いが、ストレスを感じる度合いに比例すると言っても過言ではありません。

柔軟な考え方を持つよう心掛けましょう。認知療法という心理トレーニングの中にも、捉え方を変化させたり、自分の観念と異なるものごとを受け容れていく習慣づけに役立つものがたくさんあります。また人との交流や本を読んだりする中で色々な人の考えや価値観の存在を知ることも先入観を解消する助けになります。

完璧を求めない

完璧な人は1人もいません。ものごとも完璧なものばかりではありません。常に完璧を追い求めてしまうと、神経をすり減らしてしまいます。誰にでも得意不得意があり、失敗はつきものです。自分に完璧さを追求するようになると、周りの人にも完璧を求めてしまうようになりがちです。

完璧でなかったとして、失うものは何かを考えてみてください。もしかすると、見えてくる「失いたくないもの」のために完璧さを求めている自分に気が付けるかもしれません。完璧でなくても対処していけばいいのです。

話せる人を持つ

何でも心置きなく話せる相手を持つことです。悲しい時、辛い時、言葉にすることでストレスを解消できることは多いものです。前向きな力を養うことにも繋がります。ずっと一人で抱えているだけでは見えなかったものが見えてくるようになります。我慢しないことが何よりのストレス対策です。

家族でも友人でも誰でもいいのです。そういう人たちを大切にできる自分を保っていくためにも聞いてもらうというのはとても大切なことなのです。

没頭できる趣味を持つ

同じことをずっと考えるというのは、脳や心理の負担になります。考え続けても堂々巡りしやすいというのが現実です。気持ちや脳を完全にそのことから逸らさせるくらいに没頭できる好きなことをしましょう。小さなことでもいいのです。これをやっている時は不思議と他のことを考えてないということをいくつか探しておきましょう。無理やりではなく、喜んでやれることというのが鉄則です。次にやる時が楽しみになるようなことを見つけておきましょう。

きっとストレス解消の助けになるはずです。その後に再度考えごとをする時に、煮詰まっていた時とはちょっと違う冴えた自分を発見できるかもしれません。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
髪型
ビジネス人気
目次1 一度にひとつのことを聞く2 具体的な聞き方をする3 自分の考えも加えてみる 一度にひとつのことを聞く 怒涛のように質問をいくつもする...
business
ビジネスマネジメント
目次1 ネットニュースのシェア2 新聞のメリット3 ネットニュースのデメリット4 どちらもメリットを活用する ネットニュースのシェア 年代が...
business
ビジネス人気
 敬語には「丁寧語」・「尊敬語」・「謙譲語」の3種類が存在しています。本稿ではその中で、主に目上の人に使う「尊敬語」についてその使い方を解説...
プレゼン
ビジネスマネジメント
目次1 開き直りも大切2 不安を受け容れる3 不安を信号と捉える4 不安を呼吸で解消する 開き直りも大切 まず、不安というのが、心の中だけで...