ビジネスマネジメント

ため息は心身のサイン

あなたはどんな時にため息がでますか?周りの人がため息をついたらどんな印象を受けますか?ため息をつくと幸せが逃げるとはよく言われることですが、ため息は体と心のサインです。無意識に本能で行っていることがほとんどなので、そのサインを見流さずにリフレッシュに努めましょう。

ため息の出る理由

無意識にも出てしまうため息。その理由は様々です。身体が疲労している時、怒りや悲しみなどネガティブな意識でストレスがある時、気圧の変化でも私たちの体はため息をつくことがあるようです。ため息は、吐く息ですよね。
一旦吐くということをして新鮮な酸素を取り込むことができます。つまりため息をつくというのは、身体の酸素不足によることもあるということです。また息を吐く時というのは、身体が緩みます。つまり、身体の緊張状態が続いているので、それを解こうとする反応である場合もあるのです。

気晴らしのための対処法

しっかり動いてしっかり休む
毎日同じことの繰り返しがストレスになっているかもしれません。ほんの些細なことでもいいので、新しいこと、いつもと違うことに目を向けて、取り組んでみましょう。身体を動かすことがポイントです。脳の違う部分を使うことにもなり、身体も心も次第に変化させることができます。適度な疲労感を得ることは質の高い睡眠にも繋がっていきます。

良い部分に目を向ける
疲れであっても、ストレスであっても無意識にネガティブ思考になっているかもしれません。ものごとの良い方向に目を向けるように心掛けてみましょう。見つける一つ一つが鬱積した気持ちを払拭することを助けてくれます。ポジティブな面を探し出すことに長けている人は、気分転換も上手に行うことができます。

空間を変える
いつもの場所、今の空間をほんの短い時間でも変化させる工夫をしてみてください。オフィスのデスクで仕事をしている時間が長いなら、ちょっと外を散歩してみるとか、家の机でずっと勉強している人は、勉強の空間を静かな図書館やカフェに変えてみるなどはいかがでしょう。逆にいつも外を動き回っている人は、オフィスの個室を使ったり、自分の部屋でリラックスできるとたとえ仕事をしていても気分が変わるでしょう。

好きなことをする
好きなことは人によって様々ですが、好きなことをする時の心身の状態はとても理想的に動いています。好きなことをすることによって自分を喜ばせることを忘れていると気持ちが沈みやすくなります。いつでもできる好きなことをリストアップしておくことがおすすめです。気持ちが落ちている時というのはなかなか意識が向きにくくなるからです。仕事の時でも手軽に短時間でできるような大好きなことをできるだけたくさん考えておきましょう。

自然に触れる
可能な限り自然を感じる過ごし方を心掛けてみましょう。公園や緑の多い並木道を歩くだけでもリフレッシュ効果は抜群です。都市部でなかなか緑に接する機会が少ない人も外の空気に触れたり、日の光を浴びることで体内に変化を起こすことができます。自然のパワーは偉大で私たちの生活に必要不可欠なものです。何より、意識して感じることが大切です。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事