身だしなみ

ドラッガーの定義

多くのビジネス著書で世界中のビジネスパーソンを鼓舞し続けてきたピータードラッガーは、マネージャーの仕事を大きく5つに定義しています。さらにその5つの仕事の前提として、自己マネジメントの熟達が不可欠と述べられています。マネージャー自身が組織の目的を理解し、それを遂行していく責任を果たせるだけの能力を持つための自己マネジメントです。真摯な姿勢が必要と説かれています。ものごとを善く判断していくために欠かせないのがこの姿勢なのです。

目標を設定し計画する

目標の設定には、課題は何かという点を明確にすることが大切です。これを見誤ってしまうと、取り組んでいることが曖昧になったり、メンバーや組織自体が向かう方向性を見失ってしまうことになりかねません。どんな小さなことにも課題がでてきます。本当の課題を見つけるには、全体俯瞰が欠かせません。組織を取り巻く状況、組織の中の構成、業務内容を高いところから見て課題として位置づけなければならないのです。的確な課題を前提にすることを忘れてはならないのです。

目標に対して、効果の高い計画を立てていくことが求められます。どの行動を最優先にして取り組んでいくのか、どの行動を行わないのか、そのどちらでもないものを明確にしてスケジュール化していくのです。この見極めもマネージャーの裁量にかかるものとなります。

組織を構築する

明確にした優先順位によって、適切な人材の配置を行います。それぞれの人材の強みに絞り込んだ采配をします。それによって目標達成のための行動を共にする組織を作り上げ、共に動いていくのです。優先順位の高い機会に対してそれに最適の強みを持った人材を充てることが求められます。

組織の士気を高め、維持する

組織メンバーのモチベーションを上げるようなコミュニケーションを促していくこともマネージャーの役割です。ただ割り振るだけでは、歯車がかみ合わなくなる可能性は高くなるのです。メンバー同士、グループ間、社外との兼ね合いも含めてスムーズになるようにコミュニケーション環境の整備に努めます。目標をベースにして、個々のメンバーのモチベーションを保てるような支援やサポートを行っていく必要があります。

メンバーのパフォーマンスを評価する

目標設定をし、計画に落とし込むことで成果のレベルや度合いの期待値を認識することができます。それぞれが計画の中で自分の役割を認識し、それぞれの目標を持つことで、進捗や達成度などの測定が可能になります。マネージャーが常に組織の中で中立的な立場で評価することを助けるものが目標設定なのです。成果にフォーカスすることでその公平さを保つとともに、数値測定できないものごとへの配慮も必要になります。

自己と部下の育成

目標設定からの一連をマネジメントすることで、向上させること、改善できること、応用できることを見出していきます。自己と部下の成長を図っていくことが組織の底上げ化を実現するものとなります。

マネージャーに必要な視点

マネージャーは、問題解決にも取り組まなくてはなりませんが、問題解決においても機会に目を向けることが大切です。
人の強みを最大限に引き出し、逆に人の弱みとなる部分を無視できるような組織を作り上げることがマネージャーの役目です。また、現在に必要なことと、将来必要なことのバランスをとるために、短期視点だけでなく、長期の視点も持って判断していくことが求められます。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
スーツ
ビジネス人気
目次1 営業のエチケット用品2 営業の身だしなみ用品3 歩きやすいパンプスを探そう4 コンパクトセットで持ち歩くこと 営業のエチケット用品 ...