ビジネスマネジメント

なぜお辞儀をするのか

挨拶をしたり、感謝や謝罪の言葉を述べたりするときにお辞儀をします。
特に誰かに指導されることでもなく、小さいころから身についている習慣です。
しかし、なぜ日本人はお辞儀をするのでしょうか。
所説ありますが、
頭を下げるという行為は、自分の急所である頭を見せることで、
自分が相手に対して敵意がないことと敬意を示すことができるとされています。
相手を敬うことが重んじられるビジネスマナーにはなくてはならない行為なのです。

お辞儀の種類

お辞儀には「会釈」「敬礼」「最敬礼」の三種類があります。
それぞれ角度が異なり、相手への経緯の度合いも異なりますので
しっかりと使い分けましょう。

・会釈
会釈は軽く頭を倒したくらいのお辞儀です。
角度は15度ほどです。
視線は大体3メートルくらい先を見るとよいでしょう。
朝や夕方の挨拶や通路での軽いお辞儀、お客様をお迎えするときのお辞儀として使われます。
・敬礼
敬礼は会釈を少し深くしたくらいのお辞儀です。
角度は30度ほどです。
視線は大体2メートルくらい先を見るとよいでしょう。
お客様をお迎えするときのお辞儀として使われます。
・最敬礼
我々が普段使用するお辞儀の中で最も深く頭を下げるお辞儀です。
角度は45度ほどです。
視線は真下よりも少し前を見るとよいでしょう。
感謝や謝罪、お客様をお送りするときのお辞儀として使われます。

美しいお辞儀をするための注意点

・首を下げない
お辞儀は腰から折り曲げて頭を下げます。
首だけが下がっているのはお辞儀ではありません。
・猫背にならない
猫背でお辞儀をすると背中が丸まって、頭のてっぺんではなく頭の後ろが相手に見えてしまいます。
背筋を伸ばしぴんとした状態で腰を折りましょう。
・足をそろえる
足が開いたままばらばらになっていると、お辞儀をしてもいったい誰に向かってしているのかわかりませんし、
バランスが悪く体がぐらぐらし不格好になってしまいます。
足は揃えてからお辞儀のフォームに入るようにしましょう。
・1,2,3のリズムでお辞儀をする
1の時に倒すべき角度まで上半身を倒します。
その後2,3でゆっくりと起こすのが美しいお辞儀のの店舗です。
ゆっくりすぎても速すぎてもよくありません。
・お辞儀の前後は必ず相手の目を見る
お辞儀をする前に相手と目を合わせ、その後お辞儀をし、起き上がった際に目を合わせるのがお辞儀です。
相手を見ないままお辞儀だけしても誠意は伝わりません。
その時の気持ちが表情からも受け取ってもらえるよう、しっかりと目を合わせましょう。
・しゃべりながらお辞儀をしない
特に最敬礼の時はそうですが、言葉を発しながらお辞儀をするのはよくありません。
頭を下に下げる際に口が下を向いてしまうので聞き取りづらくなります。
言葉伝えきった後に頭を下げるようにしましょう。

まとめ

ビジネスにおいては特に、最敬礼が自然にできるかどうかが問われます。
感謝の言葉を述べたりや謝罪をしたりする機会が多いからです。
その際に自然と美しいお辞儀ができ、言葉でも行動でも示せるビジネスパーソンになりましょう。

相手に言いにくいことを言ったり、依頼をしたりするときどんな言い方をしますか。
A「教えていただけますか」
B「お忙しい中恐縮なのですが、教えていただけますか」
どちらがすんなり受け入れられそうでしょうか。
おそらくBと答える人が多いでしょう、
それは、Bの依頼の前の「お忙しい中恐縮なのですが」がクッション言葉の役割を果たしているからです。
このクッション言葉は、丁寧で優しく聞こえる魔法の言葉です。
ビジネスシーンではどうしても言いにくいことを言わなければならないシーンが出てきます。
その際にこのクッション言葉を積極的に利用するようにしましょう。
以下に内容別クッション言葉をまとめましたので是非参考にしてみてください。

依頼をするときに使えるクッション言葉

「大変恐縮なのですが」、もう一度おっしゃっていただいてもよろしいですか
「御多忙な中申し訳ございませんが」、ご一読くださいませ
「お手数おかけいたしますが」、ご確認よろしくお願いいたします
「ご都合がよろしければ」、一度お伺いしてもよろしいでしょうか
「恐れ入りますが」、もう少々お待ちくださいませ
「差し支えなければ」、その理由を教えていただけますでしょうか
「ご面倒をおかけしますが」、お送りいただいてもよろしいでしょうか

また、教えてください→教えていただいてもよろしいでしょうか、とすると
さらにへりくだった感じになり相手を悪い気にさせません。

断るときに使えるクッション言葉

「大変申し訳ございませんが」、それはできかねます
「あいにくでございますが」、今回は見送りとなりました
「せっかくですが」、今回は不参加とさせていただきます
「大変残念でございますが」、ご依頼にはそいかねます
「身に余るお言葉ですが」、お受けできません
「お役に立てず申し訳ございませんが」、何卒ご了承くださいませ
「ありがたいお話ではございますが」、今回は辞退させていただきます

反論するときに使えるクッション言葉

「お言葉ではございますが」、その意見には賛同いたしかねます
「確かにそのとおりではございますが」、私は違う考えでおります
「おっしゃっていることはわかりますが」、それは偏りすぎではないでしょうか

報告や説明、感謝をするときに使えるクッション言葉

「おかげさまで」、元気になりました
「お話し中申し訳ございませんが」、お客様がいらっしゃっています
「大変申し訳ないのですが」、目標を達成できませんでした。
「あいにくですが」、担当者は不在としております
「誠に勝手ながら」、本日はお休みをいただいております
「まことに恐れ入りますが」、そのようにお伝えくださいませ
「早速ではございますが」、本題に入らせていただきます

まとめ

上記で記載したように、さまざまなクッション言葉があります。その状況に応じて自然と使えるようにしましょう。
ただし、ただクッション言葉を入れればいいというわけではありません。その言葉自体に気持ちが入っていなければ何の意味もありません。
特に相手の表情の見えない電話口などでは大げさになるくらいに表現できるよいでしょう。
相手との友好的な関係を維持するためにも、言いにくい言葉の前にはクッション言葉をつけて気持ちを込めて伝えましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事