事務

ゴールを英語にしない

英語を学ぶことが目的やゴールになることは避けなければなりません。英語を使うことで何を可能にしなければならないかは、日本語でも考えられることです。そこから動機付けしていくことがグローバル人材教育の大前提として大切なことと言えるでしょう。英語を学ぶことだけを考えるのは自己レベルから脱していません。学んだ英語で伝えることや聞くことが、自分や周りに、そして仕事自体にどんな影響を与えていくかを伝えていく必要があります。このことを知っていると、高度な英語や正確な英語へのこだわりが無くなるので、習得のスピードも自然に上がってくるものと考えられます。

コミュニケーションを考えた計画

英語を使っての仕事が必要になる時、単語、文法以外のことがらをより重要視して学んで行くことが大切です。例えば、ロジカルシンキングを用いた話し方、簡潔に話すための英語の特徴を知る、誤解や間違いを防ぐためのポイントなどを知っておくことで英語でのコミュニケーションは各段に上質なものになっていきます。たとえそれが拙い英語であっても、そこに思考と心遣いが込められていることが重要になってくるのです。日本では、英語のコミュニケーションのための言い方や文法は習っても、その心の使い方を学ぶ機会が少ないのが現状です。ほとんどが日本のコミュニケーションスタイルから逸することない学習方針であることが多いのではないでしょうか。発音などについては、ノンネイティブレベルのままでも十分に乗り切ることが可能なのです。

英語学習のステップ

どのレベルであってもスピーキングにとことん重点を置くことをおすすめします。単語を文章にしていくこと、日本語の短文を即座に英語に変換できるようにトレーニングすることを継続していくと英語の基礎語順が定着してきます。短文の繰り返しの中で文法ルールも無意識に拾えるようになってきます。できるだけ早いスピードで反応し、途中で止まらないように言葉にできるまで練習していくことがポイントです。

文章化できるようになったら、3つか4つほどの文章を構成し、話の流れをつくることを身に付けます。つまりロジカルな話し方を身に付けるのです。ロジカルな主張が可能になると、伝わり方が格段にレベルアップします。繋がりの接続詞などを正確に使えるように学習します。

伝えるだけでなく、意志の疎通を確実にするための英語でのコミュニケーションを学びます。質問や確認のための言い回しを多彩にすることで相手とのコミュニケーションをより深いものにすることができます。相手への質問は相互理解を促すものですし、ビジネスシーンで何を確認するべきか、その確認のためにはどう質問するのが効果的なのかを知っておく必要があります。教科書に出てくるような質問を羅列するだけでは活用度はグッと狭いものとなるでしょう。また自分がきちんと理解できているかを確認することもビジネスでは不可欠なスキルとなるでしょう。

何よりも自信

まずは、ビジネスシーンで使う英語のレベルは社会人の自分なら既に可能ということを認識させることが大切です。誰でも学生時代に得た英語の知識の使い方をしっかり学んでいけば、ビジネスシーンでもしっかり役立つものという自信は必要です。後はトライ&エラーを繰り返すことで磨かれていくでしょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
事務
ビジネス人気
目次1 丁寧に返信する2 内容に沿って必要なものを準備3 持ち物確認メールがない場合 丁寧に返信する 内定が決まった会社から持ち物の確認メー...
上司
ビジネスマネジメント
目次1 一貫性の大切さ2 一貫性のための上司の心得3 言葉で伝えるのも責任4 感謝や称賛もしっかりと伝える 一貫性の大切さ 経営者や組織の上...
ビジネスマナー
ビジネスマネジメント
目次1 ビジネスの必須事項2 報告はタイミングが要3 報告する時の心掛け4 ミスやトラブルの報告 ビジネスの必須事項 報告、連絡、相談はビジ...
business
ビジネス人気
取引先のオフィス移転や支店設立の際には、お祝いの電報とともにフラワーアレンジメントを贈ります。取引先に喜んでもらえるよう、どんな花をどのタイ...
business
ビジネス人気
 自分の仕事が終わって、終業時間となったら本日の業務終了!、とばかりに急いで会社を飛び出ていませんか?やるべき仕事を終えたのであれば、定時に...