ビジネスマネジメント

街のあちらこちらで見かける営業マン、うまく解約が取れたのか軽い足取りにビジネスマンもいれば、解約でもされたかな?と思うような顔をしているビジネスマン、さまざまです。さて、ここでは営業マンに必要な適性やスキルはどんなことなのでしょうか。

営業マンとして生きる

営業マンに必要な資質は何なのでしょうか。先読み?コミュニケーション能力?お客さまや取引先が持っているニーズをすばやく適切に手に入れる課題発見能力は非常に大切になります。また、社内や出張先で行うプレゼンテーション能力も大切なスキルでしょう。そして、なによりも人間関係を広く持っていることは、営業マンとして成就するためには必要な能力と言えます。

これだけは身に付けておきたい資質

1.人と会うのが好き

営業マンは寡黙な人には絶対にできません。毎日多くの人に会ってコミュニケーションをとることが求められます。人と良好な関係を保つためのコミュニケーション能力は、営業マンの大切な資質といえます。厳しい仕事です。でもこれでもか、と、人に会わなければなりません。ただ、言い換えれば、人に会うのが好きであれば適性があるともいえます。

2.聞き上手

聞き上手ということを2番目にあげたいと思います。話し上手と聞き上手は大きな関係があります。聞き上手は話し上手です。というのは、本当の話し上手は、相手の言うことをしっかり聞いた上で話すからです。「話し好き」ではありません。間違えないでくださいね。普段の打ち合わせなどでも、話す力だけではなく、相手の考えや思いをしっかりと聞き、それに応じた答え方をしなければならないものです。会話のキャッチボールとよく言われますね。営業マンに求められる資質です。

3.察知する力

察知する力も必要な資質です。相手を読む、とよく言われますが相手の表情やしぐさをしっかりと観察し、顧客の感情の動きを読み取る力のことです。あなたがAとBという商品を勧めたとしましょう。お客さんは、Aでは反応も弱く、目の動きも一定していない、でもBを勧めたときには、商品の観察をしっかりとしてくださっているという場合です。顔(特に目)の動きを観察して勧める商品を絞っていくというわけです。

4.前向きな姿勢

営業マンが背負うストレスやプレッシャーは想像に耐えません。会社からは業績アップの指令が…しかし、なかなか契約に至らない現状…そんなノルマや達成目標と、お客さまからの要望や要求の板ばさみになります。そこで大切なのが「前向きな姿勢」です。「もうだめだ」はだめです。困難な状況になったときにでも、失敗をしたときでも、気持ちを切り替えて「前向き」になれる姿勢を持つことが、営業マンに要求される資質です。

5.知識

営業マンで一番大切な資質は、知識です。お客さんが旅好きなときもあります。サッカーが大好きな場合もあります。季節の花、愛犬など…趣味や特技についてお客さんと話ができれば、契約にも影響するものなのです。もちろんすべてを知る必要もありませんが、好奇心を持って、日々新聞やテレビ、ネットを見ておくことも必要なのです。

まとめ

強い営業マンは、このように社会の動きにまでもチェックしているものです。そうすることで、お客さんの心をつかみ、ニーズに合致した商品をおすすめできることができるのです。あなたが一流の営業マンを目指すのなら、ご紹介した資質は、最低限と考えてください。いつも軽い足取りで歩くことも営業マンの資質なのかもしれません。

 

 

 

 

ビジネスにおいて、上下関係は必ずあるもので、上の人にはきちんとしたビジネスマナーを見せる必要があります。飲み会で遅くなった時に、上司をご自宅までタクシーでお送りするという場面に出会うことはよくあります。

支払いは二の次

上司と一緒に、あるいは取引先の方と一緒にタクシーに乗る機会があったときにもビジネスマナーというものを心得ておかなければなりません。上座は、ずばり運転席の後ろです。これを知らない社員の中には「降りるときに最後に降りるのだから、自分が支払いをするのに都合のよい運転席の後ろに座るべきだ」という誤った考えの方がおられます。もちろん支払いは、するべきですが、それはどこに座っていようとできるものです。

安全性を考えて

上座や下座の区別は、安全性からきているのです。実は、運転席の後ろの席は一番安全であるということから、上座となっているのです。一般に車に乗る際、事故を起こしたときに助手席が一番危険であることはよく言われます。もし、タクシーに4人で乗車する場合に助手席が一番危険、そしてその後ろも、もちろん後部座席の真ん中も危険性があります。運転している人は、万一の時には、人間としての本能として身を守ろうとします。ですからその後ろが一番安全ということになります。一緒にタクシーに乗車するメンバーの中で一番偉い人は運転席に後部席に座ってもらうのがビジネスマナーなのです。

安全面だけではないことも

では、3人で乗車し、上司が二人いたとしたらどうでしょうか。お分かりでしょうが、助手席後ろの席が次の上席になります。では、4人いたらどうでしょうか。後ろの席に3人が座ることになります。「後ろの真ん中は窮屈だ」…その通りです。上席を決めるのに安全面の次に大切なことは乗り心地です。安全面だけを考えると、上席は「1.運転席の後ろ 2.助手席の後ろ 3.後部座席の真ん中 4.助手席」という順番になりますが、体の大きさのこともあり、助手席に座っていただくほうがいい場合もあります。

タクシーに乗るとき上座をどう勧める?

さて、上席については理解していただけたと思いますが、実際の場面で「どう勧めるか」ということも大切なことです。タクシーに乗車するときには最もえらい人を後部座席の奥(最良の席)を勧めます。ただここで押さえておきたいことは「マナーを知っている(運転席の後ろを勧めること)が無理強いはしないことです。例えばえらい方が、助手席に座って道案内をされることもあるでしょう。また、助手席がお気に入りの方もおられるでしょう。マナーを心得ていることだけを示せれば、それ以上はえらい人の好きなようにしてもらうようにしましょう。

タクシー会社名は重要

えらい人とタクシーに乗るときにビジネスマナーとして忘れてはならないことは、タクシー会社の名前と運転手の名前をメモしておくことです。飲んでいたり、考え事をされていたりしてえらい人がタクシーに忘れ物をすることも考えられます。万一えらい人が忘れ物をしたときに、あなたの評価は確実に上がります。

まとめ

タクシーから降りるときには、忘れ物がないかを確かめるのもビジネスマナーとしての常識だと言われる方もいるでしょう。でも降りるとき、介抱したり荷物を持ったりとしなければならないことがあることを考えると、そこまで余裕があるかどうかということも頭に入れておかなければなりません。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事