プレゼン

ビジネスマナーはなぜ必要なのかを知って積極的に学ぼう

ビジネスマナーは堅苦しく面倒、本当に覚える必要はあるのだろうか?と考える若者が増えてきているようです。そういった不満や疑問を抱えたままビジネスマナーを学ぶよりも、納得して積極的に学んだ方が覚えるのは早くなります。ビジネスマナーを教える側にとっても、なぜ必要なのかについて言葉にしてしっかり伝えることが、早く覚えてもらうポイントとなります。

マナーとは気持ちのよいやりとりをする心づかい

まずマナーとは何なのかを知りましょう。マナーは気持ちのよいやり取りをするための「心づかい」です。他人が不快な思いをしないように、気持ちよく社会生活を送ることができるように配慮をします。「心づかい」ですので、正解はありません。ビジネスマナーとして決まっている部分もたくさんありますが、相手や状況に合わせて臨機応変に対応することも求められます。

マナーでビジネスをスムーズに

また、マナーとは1つの「基準」でもあります。社会には多種多様な人がいます。同じやりとりであっても、よい印象を受けるか、悪い印象を受けるかは人によって異なります。そういった場合に最低限守っていれば相手を不快にさせないという「基準」があれば、安心してやりとりができます。スムーズに展開していくビジネスの世界では効率がよいとも言えます。

マナーはビジネスに必須のスキル

マナーは規則やルールではありませんので、強制力や拘束力はありません。しかし、社会人としては「常識」であり、知っているのが当たり前とされています。もしマナーを知らず、マナー違反な態度をとれば、常識のない人という悪印象を与えます。ビジネスにおいては社員の一人がマナー違反な態度を取った場合には、「この会社は常識のわからない人を雇っているのか」「社員教育のできていない会社だ」など会社の印象まで下がります。マナーはビジネスにとっては欠かせないスキルなのです。

良好な人間関係と周りからの信頼を手に入れる

相手への心づかいであるマナーを守ることで、良好な人間関係と周りからの信頼を得ることができます。たくさんの人と関わりながら働いていく社会では、それは強力な武器となります。職場が居心地のいい場所になりますし、困った時に助けてもらうことができたり、挑戦してみたい仕事を任せてもらうことができたり、メリットはたくさんあります。

トラブルの解決や回避にもビジネスマナー

ビジネスマナーを守ることは、トラブルの解決にも有効的です。例えば、謝罪方法にも、姿勢や表情、お辞儀の仕方など、誠意を伝えるためにはどうしたらいいのか考えられたマナーがあります。またトラブルを事前に回避するためにもビジネスマナーは守るべきです。例えば、社内で話しかけるときに「今お時間よろしいですか?」と声をかけるというマナーがあります。もし、話を聞く余裕や時間がない相手にいきなり用件を伝えたとしたら、きちんと受け取ってもらえず、後でトラブルが発生する可能性が高くなります。ビジネスマナーはトラブルの回避にも必要です。

まとめ

ビジネスマナーを守ることは、お互いに気持ちよい社会生活を送り、スムーズにビジネスを進めていくために必要なことです。どうしたら相手に気持ちよく過ごしてもらえるのか、不快な思いをさせないのか、自分で1から考えるよりも、ビジネスマナーを学んで実践するほうが簡単です。もちろん、それだけでは足りない部分も多々ありますが、まずは基本であるビジネスマナーを覚えるところから始めてみてはいかがでしょうか。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネスマネジメント
目次1 相手が気持ちよく過ごせる言葉遣い2 常に前向きな表現をする3 どうするのかを考えてから話す4 自分の気持ちを挟むことで丁寧な印象に5...
business
ビジネス人気
ビジネスにおける電話の受け方の基本的な部分も非常に大切ですが、電話でかかってくる内容もさまざまです。ビジネスマナーとしての電話の受け方を基本...