ビジネスマネジメント

24時間の貴重さ

世界の人に平等に与えられている1日24時間。増やすことは不可能なので有限なものです。その意義とその価値を経営者やマネジメントする人たちは強く認識しておかなければなりません。毎日の中で時間に追われたり、時間を気にしたりすることはあっても、時間の価値を高めようと意識して実践することはどれくらいあるでしょうか。人や、お金や、仕事を大切に扱っても、時間を貴重なものとして扱う場面はどれくらいあるでしょうか。私たちは、1分1秒の蓄積の中で生きています。時間は当たり前にあり、当たり前に過ぎるものですが、その時間をどう使うかに「当たり前」は全く存在しません。その使い方如何によって、集大成となる人生そのものも変わってきます。

マネジメントで時間認識を活かす

時間の大切さは組織に置き換えても同じことです。職場で働く時間というのは、人間に与えられた24時間よりもさらに限られたものであることも事実です。その時間をどのように使うかということをひとりひとりが意識し、的確な時間管理で仕事を進めることができれば、生産性だけでなく仕事の充実度も変わってくるはずです。仕事で時間を考える時、速く、より多くの仕事を捌くような効率化に視点が向きがちです。優先順位をしっかり打ち立てることによって、それらの質を上げながらも事故や自社の成長度を感じながら業務を進めていけることを組織に浸透させられるのが理想です。

時間管理で時間の価値を高める

仕事のひとつひとつに、うまく優先順位を当てはめていくには、重要度、緊急性、自己完了、協力完了の認識を持つことが有効です。何もしないで業務を行うと、ほとんどの場合、緊急なことに手を出して、そして次々に舞い込んでくる急ぎの仕事に追われることになります。緊急なことの発生は永遠に続きます。さらに忘れてはならないのは、重要な仕事です。緊急なことにばかり手を取られていると重要なことが疎かになるでしょう。取り掛かった時には重要なことにも関わらず、時間が足りずにその完成度も低いものとなってしまいます。組織間の中で、何が重要なことに繋がるものかという認識がとても大切になってきます。

時間管理に必要な要素

優先順位を立てて業務を進める中で、こまめに振り返り計画や予定を調整していくことが大切です。この作業によって、どのように時間を使ったか、その時間対効果はどのようなものかを認識することができます。計画や予定の変更は常に起こります。しかし逐一調整が可能ということが分かっていれば、落ち着いて変更に対処することができるのです。優先順位によって重要なことに時間を掛けることを怠らずにいれば、時間に追われるということも少なくなります。

時間管理するメリット

上記のような時間管理をすることには多くのメリットが見込めます。時間に余裕ができることで仕事を思うように追いかけることができます。時間に追われると義務感で行う仕事が増えますが、仕事を追い掛けるようになると主体的に動き、考えることができます。このことにはモチベーションを高める効果もあります。リスクやミスを減らすことができることもメリットです。すべては余裕が生み出すことなのです。計画段階でのリスクの予測も可能になってくるでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事