会議

Facebook

Facebook社ではミーティングの事前に組まれたテーマや進行内容に忠実に沿ってミーティングが進められるそうです。その会議の目標到達ができるまで会議が続けられるそうです。

Telsa

Telsa社では、ミーティングの前に内容や資料を配布し、参加者全員にミーティング事前準備を徹底させています。ミーティングの際に要求されるだろう資料の準備から、予測される質問に対する返答まで万全を期して会議に臨むことが求められ、もし不足があった場合は、解雇処分になることもあるそうです。

Catalyst

Catalyst社は、ポジティブに緩い雰囲気をミーティングに徹底させています。返答は必ずYESにする、追加意見はOKだけれども意見に対する否定は一切不可とするユニークなルールが設けられています。肯定的な雰囲気によって皆の発言を促し、アイデアの創出を期待しての取り決めです。30分おきの休憩、制限なしの考え方が求められています。

Google

Google社では、各ミーティングに意思決定をする人を任命することが決まっています。これにより結論への到達が祖s苦心されているとのことです。また参加人数は10人までと制限されています。参加人数は少ない方がいいと考える企業はとても多く、Apple社もそのうちのひとつです。意思決定ができるのであれば会議を設ける必要はないという指針が強いのも特徴です。必要なことやものに集中し、そうでないものを徹底的に排除することに注力されています。

Apple

Apple社は、人数を極力絞ることとともに、会議の各項目に担当者が設定されています。つまり、どのタスクも誰がやるのかが明確になっているということです。また、どんなに質問攻めにされても話に応じるだけの準備と、どんなにすごいと思えるアイデアにも誠実に真摯にクリティカルな質問ができるよう準備することが推奨されているのだそうです。

Reily

Reily社は、毎日の社員の仕事への支障を削減することを目的にミーティングは、いつも同じ時間に開かれています。そのミーティングは全員立ったままで行われ、コミュニケーションの促進に役立てられています。

Technically Media

Technically Media社のミーティングは具体性に富んでいます。ミーティングの開催は週に1度に制限。決めたれた会議の進捗やテーマは徹底して守られる点はFacebook社と同じです。ブレストでは決して判断をしないことをルールとし、分類化したり批判したりする前にアイデアを出し尽くすことに集中させます。問題を持ち寄るのではなく、ミーティングの時点で解決策を持ち寄ることを参加者に求めます。解決策が出ないのであれば、持ち越して次回に回すというスタイルが取られています。

Evernote

Evernote社では、社員を他部署の会議に参加させることを人材教育の一環としています。部署内では湧きにくい視点やアイデアを喚起しようという期待も込められています。もちろん見学ではなく会議への積極的な参加が求められることになります。結果的にマネジメント的な思考を学ぶ機会となっているようです。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
女性
ビジネスマネジメント
目次1 マネージャーの役割2 マネージャーの処理能力3 マネージャーの数字活用場面 マネージャーの役割 部下を持つ、組織を管理するというマネ...
パソコン
ビジネスマネジメント
目次1 お茶の置き方にもマナーがある2 お茶は両手で上座から3 お客様からみて右にお茶4 お茶菓子を出す場合の置き方5 茶碗の向きにも気をつ...