会議

OJTとOFF-JT

現場の上司や先輩について、業務の実際を見ながら習得していくのがOJTです。オンザジョブトレーニングの略になります。見ながら、感じながら過ごしていく中で、段階を踏みながら自分でも業務に関わっていきます。細分化↓業務は覚えやすいメリットがある反面、業務の全体像が掴みにくく、チームの流れに沿うことや他の業務に応用を効かせられるようになるまでに比較的、時間が掛かるというデメリットがあります。一方、OFF-JTは社内や社外での座学研修、集合研修のことを意味します。自分の担当する業務を組織の流れの中で掴むことが可能になります。また自分の業務の全体像を理解できるので、土台となる知識が頭に入ります。概念を学ぶことになるので、実践、現場ではその時の状況、条件に合わせる臨機応変さが必要になります。OJTは実際の生の業務を手掛ける上司や先輩から教わるので、教育すべき部分を網羅することに時間が無かったり、教育知識が不足したりしていることがあります。それを補う意味でもOFF-JTは必要です。

メンター制度

若手の新人の職場定着に有効としてメンター制度を取り入れる企業が増えています。直属の上司でない特定の先輩社員が新人の指導や相談役になる制度です。メンターは、体系化された専門の指導知識が必要になります。会社で仕事をしていく中で積極的にサポートしていく存在になります。若手社員の早期離職を防ぐことにも効果のあるメンター制度ですが、本来の目的は、社内のコミュニケーションの円滑化や指導する側も、される側も成長促進していくということです。メンターがいることで悩みや問題を打ち明けられる安心感の中で仕事を行えることは新入社員にとってプラスに働きます。またメンターを経験する社員にとっても、部下を育てる上で必要な能力が身に付いたり、組織の中での部下としての視点にも変化が期待できます。

ロールプレイング

実際の業務の流れの中での対応方法や接客の流れを役割を演じながら練習していくロールプレイングも研修時には良く行われています。ロールプレイングを行うことで社員が得る効果の度合いには様々な意見があるようです。疑似体験することによって、そういう場面があり得ることを知り、対応法や発する言葉の種類を知識としたり、思考を巡らせることで基本的な心積もりができるのは確かです。ひとつの練習をしたからといって、実際の現場でのすべてのシーンに活用すればマニュアル的な対応となり適応しないこともあります。一つ一つのシーンが練習になるという目的をしっかりと教える側も、教わる側も理解しておくことで活用度を広げることができるでしょう。間違いやすいこと、起こりやすいクレームなどへの対処などポイントを絞った進行が効果的のようです。

レポート提出の徹底

どんな研修スタイルを取ったとしても、毎日のレポートを提出させることが望まれます。教える側が理解度や習得度を測れるというだけでなく、新人が自分を振り返って考える機会にもなるからです。必然的に業務上での「考える」ことと「書く」ことのトレーニングにもなります。何をどう書くか、なぜ書くか、その項目にどんな効果があるのかなどの内容で研修を行っておくのも効果的です。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
会議
ビジネス人気
ビジネスシーンでは相手に対してお願い、依頼をするケースが発生します。 その際にそれを相手に伝えるために、メールや手紙を用います。 どのように...
business
ビジネス人気
 ビジネス会話には使う言葉等は、覚えることも多いのですが、その前段階である基本中の基本、話の仕方について、解説します。同じ内容やよい提案を伝...
business
ビジネス人気
会社に勤めていると、自分の意思とは関係なく異動の命令が出ることが多々あります。発令から異動日まで日にちがないことが多いため、社内作業や引越し...