スーツ

営業活動の型づくり

自社に利益を発生させる第一線が営業活動です。セールスは1人でいくつもの顧客やクライアントを担当します。ひとつひとつの顧客の管理、そして、網の目のように同時進行していく進捗をしっかり管理していくことが必要になります。闇雲な対応では、すべての顧客やクライアントに十分な「営業活動」を行うことができません。営業スタイルはそれぞれに異なると言われますが、顧客管理と進捗管理の2つについては、適切な型をつくっておくことが営業活動をスムーズにするポイントになります。

顧客管理の基本情報管理

顧客管理は、必ず1カ所で行います。自分だけの情報としてだけでなく、社内共有できる媒体を使うことがベストでしょう。営業担当の身体はひとつしかありません。担当数が多ければ多いほど、問い合わせや連絡の際に自分が対応できないシーンは増えます。共有できていれば、社内のスタッフが対応できる確率を高めます。営業活動を分析する重要なデータにもなるので、忘れたり、面倒になる前に詳細を記録します。

顧客情報のアップデートは商談や訪問、新規情報が得られた直後に行うことを徹底します。共有の場合は更新した人の名前や日付も必要です。顧客管理に必要となる項目は以下の通りです。

・基本情報
(会社名、担当者名と担当者の役職、電話番号、メールアドレス、業種、事業内容、売上高、従業員数など)
・商談の記録
(訪問日、対応者名、説明や提案の内容・ヒアリング内容、進捗状況の記録)
・次回の予定
(連絡や商談のスケジュール、それまでの準備、当日行うこと)

顧客の優先順位

すべてのお客様に同等の対応をするのは不可能なことです。時間が限られている以上、優先順位を立てておくことがスムーズな対応に繋がります。

ニーズの有無、キーパーソンの反応、競合他社の存在、これまでの取引状況や実績、顧客の経営規模や現状などから総合的に判断していきます。社内でその優先度を相談し、決定していくと意識の共有にもなります。短期的な視点だけでなく、半年後、1年後を見据えて判断していくことも大切です。最重要顧客、重要顧客、普通の顧客、重要でない顧客などでのランク付けをします。営業活動についても、このランクの上下によってスケジューリングしていくことで効率化を図ります。基本情報の中に記載しておきましょう。

進捗管理の仕方

顧客管理は顧客ごとの管理の方がやりやすいのですが、進捗となるとスケジュールが絡むので、対応するお客様の状況を一覧できることが望ましいです。基本情報の一部を抜き出して一覧を作成しましょう。進捗管理表を作成するメリットは、定期的な接点を欠かさないようにするということです。接点を持つことで自社商品やサービスを思い出してもらうことにも繋がります。次にそのお客様に対してどういうアクションをとるのか、その日程まで記載してアラートなどを組んでおくのが正解です。しばらく時期の空けて連絡を取るようなときには、お客様も忘れていることが多いので、前の話を前面に出さず、さりげなう行うのがポイントです。その後のフォローがものを言うセールスです。コツコツと積み重ねていくことが大切です。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
口コミ
目次1 食の資格―その細分化が起こりつつある2 日本安全食料料理協会とは?―その目的と社会への貢献は… 3  受験料は高いのでは?-いえいえ...
business
ビジネス人気
 会社では、友人と話す時のような、砕けた言葉遣いや話し方は相応しくありません。本稿では会社を始めとするビジネスシーンで求められる、ことばづか...