話し合い

ビジネスマネジメント

パスワード管理

職場のシステムへのアクセスやオンライン上のツールの利用などで様々なIDとパスワードが使われていると思います。その数が増えてくると、簡単なパスワードを設定したり、同じパスワードに統一したりして効率管理しようとする人はおおいものです。絶対にやめなければなりません。万が一、その一つが漏れた場合に被害が広がってしまうことは明らかです。また、デスクトップ上に張り付けておくというのもいけません。自分にとっての使いやすさは、侵入者にとっては読み取りやすいと言えることを肝に銘じておく必要があります。オンラインのブラウザ上で使うものに関しても、パスワード関連は、一切記憶させない設定にしておくようにしなければなりません。

書類の破棄に注意

個人情報の記載された書類をぐちゃぐちゃに丸めて破棄することなどが無いようにします。できるだけ小さくできるシュレッダーでの処理が一番です。小さなメモに書いた電話番号やメールアドレスでも、他人の目に触れてしまったばかりに大きな問題に発展することがあります。迷惑なメールや電話の攻撃対象になる可能性もゼロではありません。ゴミとして破棄する際にも、ゴミの中身やゴミのその後の処理工程に気を配る必要があるでしょう。ゴミを出してしまってから見張ることは難しくなります。どんな情報もゴミとして外に出すことのないよう細心の注意を払うことが必要です。

持ち出し仕事は慎む

携帯が容易なタブレット端末や小型のUSB機器、カードやチップが増え、Wifi環境が整っている公共施設も増えています。この状況が整った状況というのは仕事をする人たちの環境を広げていますが、ハッキングやフィッシングを狙っている人たちにとっての恰好の餌食になってしまうことを認識しておく必要があります。セキュリティソフトだけでは防げない高度な技術が毎日のようにアップデートされているのです。セキュリティ対策を行っているからと安心するのは早計です。

防御策としては、組織内の情報は一切持ち出さない、外では見ない、触れないとするのが賢明です。社内とのやり取りが外部で必要になる時はセキュリティ対策を万全にして、情報を見たり、発信の準備をする場所にも細心の注意が必要です。誰の目にも触れないということを意識しなければなりません。業務情報、個人情報に関するやり取りはできるだけデータでは行わないようにすることも必要かもしれません。

ソフトのインストール

業務を簡素化するために無料のアプリやフリーソフトを活用する人も多いでしょう。でもそのダウンロードする内容にも最新の注意を払う必要があります。そのダウンロードに何らかの仕掛けが組み込まれていれば、過去から未来に向けての情報がすべて漏れてしまう可能性があるのです。使っているWEBサービスが乗っ取られたり、もちろん企業情報、個人情報も容易に抜き取られるでしょう。また企業へのメールにスパムメールが増えたり、悪意のあるメールが送られてきたりと面倒なことに陥るケースが増えています。ソフトを活用することは大変便利になる一方で、そのようなリスクと背中合わせなことを認識しておく必要があります。

ビジネスマネジメント

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
会社内のパソコンを使った事件や事故が多発しています。大きな問題になると、企業情報の漏えい、また社内でのハラスメント行為など、会社そのものの存...
business
ビジネス人気
ビジネスにおいてメールは、今やなくてはならない存在です。 それは社外のお客様や企業様相手だけではなく、社内でも使用されています。 あなたは社...
business
ビジネス人気
 ビジネスシーンでは社内会議がつきものです。しかしながら社内の会議といえども、守るべきマナーが存在しています。まず最初に社内会議の席次を把握...
ビジネスマネジメント
目次1 情報漏えい増加の背景2 情報漏えい増加の原因3 法律で防止策強化4 企業での情報区分は必須 情報漏えい増加の背景 日本でも企業の情報...