ビジネスマネジメント

ありきたりの質問では見抜けない

自己紹介、志望動機、強みや弱みというのは、採用面接の際の定番質問としてよく聞かれるものですが、用意周到な応募者は必ず準備をしています。準備は悪いことではなく、入社への意欲を測る重要な要素です。しかし、素の姿というのは見えてきにくいものですし、企業にとっては、より優秀な人を確保したいところでしょう。面接で、採用判断のための有意義な情報を収集をすることに役立つ質問をご紹介します。その回答の中で、定番の質問の答えとなることもきっと見つけられることでしょう。ミスマッチから早期退職という最悪の損失を避けるためにも、質問を入念に練っておくことが大切です。

仕事のイメージを探る

自社に入社したた、どんな仕事を、どのように行っていきたいかという点を問う質問をします。まずは、ここまでを考えているかどうかという点も見極め材料です。さらに、その内容が自社の求める働きのイメージと一致していれば高ポイントでしょう。ミスマッチを防ぐ大切な質問でもあります。

スキル向上意欲と活用場面

候補者が今、持っているスキルは、履歴書や経歴書で見ることができるでしょう。面接でその先を確かめます。そのスキルをどのように伸ばしていこうと思っているのか、もしくは、他にどのようなスキルを必要と感じていて、どのように取り組んでいるのかということを聞きます。今より先の伸びしろを測ることができるでしょう。現状のスキルだけで満足しているとすれば要注意です。

候補者が持っているスキルをどのように活用してきたか、もしくはそのスキルでどのような実績を上げてきたかを問います。スキルは使っていなければ、スキルとは言えません。上達も遠いものとなっていることでしょう。自社の仕事の中のどのような場面で活かしたいのかという点を聞いてみてもいいでしょう。それによって、入社後にそのスキルを存分に発揮してもらえる仕事も見えてくるでしょう。

動機付けの要素を探る

自分でモチベーションを捻出することができるかどうか、捻出する意識があるかを見極めます。重要なのは、何によってモチベーションが上がるのかを自社が知っておくことです。入社後に意識して提供していくことで、充実した仕事環境を与えることができます。さらに、やりたい仕事ができない場合にどう考えるか、どのように行動するかを確かめます。仕事は好きなことばかりでは成り立ちません。モチベーションを下げる要素でもあるので、自分なりの捉え方、乗り越え方を確立できているかという点は知っておくべきでしょう。

将来ビジョンの確認

将来のビジョンが描けているときというのは、気持ちのレベルが上がっている状態です。ビジョンはそのときの心理状態で描く内容が異なるものです。すでにそのビジョンのプロセスの中にあるようなら、目標や計画が打ち出されていることでしょう。新卒などでは、仮にビジョンが見えていなかったとしても、意欲的なのであれば、目標を見つけそこに向かう力はあると考えられます。人生の時間を自社で使ってもらうことになるのですから、組織として、仕事を通じて、そのビジョンの進行のサポートをしていくことに役立つ質問と言えるでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事