挨拶

名刺は大切に扱う

名刺の取り扱い方1つで、相手の方へ好印象を与えたり、不快感を与えることもあります。ビジネスにおいて名刺は自分の「顔」です。相手の「顔」を乱暴に扱うことのないように気をつけましょう。

名刺を受け取ったとき

名刺を受け取ったときには、面談中はテーブルに置くのが一般的です。相手が1人の場合には自分の名刺入れの上に置きましょう。テーブルに置くときには、自分の正面に置きます。真正面でなくてもいいので、自分の肩幅にはいる程度の場所に置くことがマナーです。相手が複数いるときには、相手のいる順番と名刺を並べる順番をあわせておくと便利です。

名刺をしまうタイミング

基本的に名刺は面談が終わった時にしまい、退出します。しかし、面談中に必ずしもテーブルの上に出していなければいけないわけではありません。資料があるなど、名刺を置くスペースが少ないときには、相手の名前をしっかりと覚えて、名刺入れにしまいましょう。資料を出したことで、名刺をテーブルの端によけたり、資料の下敷きにするのはマナー違反です。落としてしまう可能性もありますので、その場合は早目にしまいましょう。

名刺を相手のもとに置き忘れた場合

面談の際に名刺を出しておき、そのまま忘れてしまう方がいらっしゃいます。その際にはすぐに取りに戻り、謝罪しましょう。もし会社に戻ってから気づいたというような場合は、後日お会いした際に、素直に謝罪しましょう。

やってはいけない名刺の扱い方

名刺を落としたり、資料の下敷きにする以外にも、やってはいけないポイントとして、折り曲げたり、汚したりすることが挙げられます。名刺にその方とお話したことなど、メモを書き込む方もいらっしゃると思いますが、それは自分が1人になってから見えないところで記入してください。本人の前でやることは失礼にあたります。また、立ち話中などは、頂いた名刺を腰より下に下げないことも名刺交換のマナーです。

名刺は整理整頓する

もらった名刺は忘れずに整理整頓しましょう。業種別や会社別などに分けてファイルにしまいましょう。最近は名刺を整理整頓するアプリやソフトがありますので、データ化して整理整頓するのもおすすめです。相手の方と面会した日時、用件、相手の特徴などをメモして残しておきましょう。次に会うときには、メモの内容を確認すれば、落ち着いて対応ができます。

名刺入れにも注意

頂いた名刺だけでなく、自分の名刺も大切にしましょう。端の折り曲がった名刺や汚れた名刺を渡すことは、相手の不快感につながり、第一印象が悪くなります。傷んだ名刺は捨ててください。自分の名刺を大切にするためにも、名刺入れはしっかりしたものを選びましょう。

また、頂いた名刺をいつまでも名刺入れにいれておくのも、印象が悪くなります。自分の名刺を渡しても、ずっと名刺入れの中に放置されるのだろうと予想されてしまいます。名刺は頂いたらすぐに整理整頓する習慣をつけてください。

まとめ

名刺は、受け取ってから、持ち帰り、整理整頓するまで、気を抜かずに大切に扱いましょう。相手の目の前で失礼な取り扱い方をしないことはもちろんですが、せっかく名刺交換したのですから、今後信頼関係を築いていけるように、整理整頓や記録を残すことにも気を配り、次につなげていきましょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
髪型
ビジネス人気
目次1 一度にひとつのことを聞く2 具体的な聞き方をする3 自分の考えも加えてみる 一度にひとつのことを聞く 怒涛のように質問をいくつもする...