事務

イメージは右脳の領域

イメージトレーニングでは、頭や心の中に映像を思い浮かべることを行います。この状態の時、右脳をフルに使っていることになります。イメージすることを繰り返すごとに潜在意識にもそのイメージを植え付けることができると言われています。それによって顕在的な現実においても実現化していくことができるというメカニズムです。

右脳の使用頻度

誰にでも右脳と左脳がありますが、それぞれの働き度合いというのは人によって異なります。自然やアナログ的な環境が少ない生活をしていると、右脳を使う機会が減ると言われています。なぜなら五感を使うことが少なくなるからです。五感を感じる鋭さも、その感覚によってイメージする力も鈍ってしまいます。

右脳の転換力

左脳は危険を回避する大切な働きを持っています。危険回避なので、自然にネガティブな言葉が浮かぶようになります。決して悪いものではありません。私たちに必要な思考回路です。ネガティブに偏りがちな脳の思考を右脳がイメージや感覚の力で助けてくれるのです。ですから右脳も活発に使えるように、トレーニングなどで鍛えておくことが必要なのです。

左脳の言葉の力も強力なので、言葉としてネガティブなことが脳裏に浮かんだ時は、イメージの力を借りれば緊張や不安を解くことができるのです。この右脳のイメージの力が弱いと、なかなかネガティブ心理から抜け出せないこともあります。両方のバランスがとても大切になります。

脳と神経の繋がり

心理は身体の状態とも密接に繋がっているので、相互に作用しあう存在です。身体がガチガチに固くなってしまうと、心境も強張ってきます。心境が緩むと、身体もリラックス状態を得ることができるのです。

心理と身体の状態は神経系にも影響を及ぼします。右脳を働かせてストレスをコントロールしたり、緊張を解いたり、ポジティブな思考を手に入れることも可能なのです。
リラックスが必要な時こそ、ポジティブなイメージ力が必要になるのです。

右脳トレーニング

物語を読む
20分程度の物語を読む習慣で右脳を使うことができます。ストーリーを追いながら、その情景をイメージするようになるからです。

芸術に触れる
絵画を見てその絵画にストーリーを付けてみたり、作成時の作者の環境や描いているシーンを想像してみたりすると右脳活性に役立つでしょう。もちろん、色の色覚、視覚への刺激も右脳を活性化させます。

芸術と言えば、音楽でも右脳は刺激されます。モーツァルトやシューベルト、ベートーベンなどが創ったクラシック音楽は右脳活性に役立つという研究もされているようです。音の響きやトーンでも色々なイメージが湧いてきますよね。聞いていて心地の良いものを選んで活用してみましょう。

瞬間記憶トレーニング
瞬時に記憶するような時にも右脳を使っているそうです。いつもより早口で2倍速や5倍速の英語を聞く学習法は右脳の活性化にも役立つと言われています。

また瞬間的にカードや数字をみて、内容や順番を記憶するようなトレーニングも有効と言われています。現在では、アプリやインターネット上のツールもあるので、細切れ時間を利用して楽しみながら習慣にすれば、右脳活性の効果が期待できるでしょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
電話
ビジネス人気
訃報を聞き、葬式や告別式に出席したいがどうしても都合が付けられない場合に弔電を利用します。 そして弔電の送り方にもマナーがあります。 目次1...
話し合い
ビジネスマネジメント
目次1 ビジネスでの雑談効果2 雑談ができる喜び3 雑談を簡単にするステップ4 声を掛ける5 話す6 終わる ビジネスでの雑談効果 人が会話...
電話
ビジネスマネジメント
目次1 アポイントとは2 アポイントを取る前に準備をする3 アポイントでは伝えるより質問する4 配慮したいポイント5 アポイントがとれたら確...